アーカイブ:2014年 6月

  1. 難病として指定されている原因不明の病気に ベーチェット病があります。 ベーチェット病は、皮膚や粘膜、または目に 炎症が起きて、何度も繰り返されることが特徴です。 発熱や関節炎など全身につらい症状を 引き起こすことも…

  2. 胃の出口あたりにいる菌がピロリ菌です。 ピロリ菌は食べ物や飲み物から感染します。 衛生環境がよい現在の日本ではピロリ菌の 保菌者は少なくなりましたが、 現在でも半数程度の方が感染しているといいます。 …

  3. 動物の血液や組織の中にある化学物質に ヒスタミンがあります。 ヒスタミンはヒスタジンから合成される アミノ酸の一つです。 通常は不活性状態にありますが、 アレルギーを引き起こす物質ややけど、外傷など …

  4. お彼岸になる頃になって花を咲かせるヒガンバナ。 田んぼの畦道などに真っ赤な花を咲かせます。 ヒガンバナという名前よりも別名である 曼珠沙華のほうが有名です。 赤い花を咲かせる妖しさのある ヒガンバナ…

  5. らい菌が感染したことによって発症することから、 らい病とも呼ばれていたハンセン病。 現在の日本には感染源になる人もほとんどいませんし、 発症する人もまずいません。 しかし、ハンセン病は、末梢神経が麻痺することで 体…

  6. 冬になると流行する胃腸炎にノロウイルスがあります。 ノロウイルスは11月から3月頃に多いと言われています。 感染力が強いですので、抵抗力の弱い小さな子供、または高齢者は 重症化することも多いと言われています。 …

  7. 小型の蘭(ラン)の一種にネジバナがあります。 ネジバナは東アジアに分布しており、 日当たりが良い生地に育ちます。 螺旋状にねじれて花を咲かせることから ネジバナと名前が付けられました。 日本では公園の芝生や…

RETURN TOP

サイト内検索