カテゴリー:防災

  1. 防災に何が必要か考えた時に、 多くの方が一番に考えるのが非常食です。 地震や台風、火災などで避難をした場合にすぐには 物資が到着しません。 人が生きていくために、非常食を供えておくことは大切です。 非常食は必要なの…

  2. 災害で家屋が損害にあった場合、 修理などが必要になればかなりのお金がかかります。 何かあった時のために、とマイホームを購入した時に 多くの方が加入するのが火災保険です。 火災だけでなく地震や水害など、あらゆる災害を 補償し…

  3. 台風などによる水害や地震など、 人はいつ天災にあうかわかりません。 天災にあったとき、まず不安になるのがライフラインです。 何日か避難していれば支援を受けることができますが、 すぐに支援が受けられないこともあります。 …

  4. 毎年、夏がくると台風や豪雨で川が氾濫して被害が出た、 というニュースを耳にする機会が増えます。 最近ではゲリラ豪雨も多く、 異常気象が問題となっています。 自分は被害に合わないから大丈夫、と思っていても、 いつ大変なことに…

  5. 東日本大震災が起きてから、 日本中が防災について深く考えるようになりました。 毎年、9月1日は防災の日です。 防災の日を入れて、8月30日から9月5日までは 防災週間として避難訓練が行われることも多く、 防災に関するイベン…

  6. 東日本大震災が発生してしばらくたちます。 しかし、地震はまたいつ起きるかわかりません。 地震が発生しても、被害は最小限で留めなければなりません。 もちろん、近所の人同士など周りで支えあうことも必要ですが、 前…

  7. 東日本大震災以降、みんなが地震対策について 考えるようになりました。 地震が起きた時に、被害を最小限にするためにも 自分で何ができるかについて考える必要があります。 地震対策として自分でできることとして考えら…

RETURN TOP

サイト内検索