脳梗塞の症状は?前兆のチェックは?後遺症は?麻痺?

この記事は1分で読めます

脳の血管が詰まってしまう、または血流が十分に行き渡らない、
そうなると、脳の組織は酸素が足りなくなり、
栄養不足を起こします。

その結果、血流が行き渡らない脳の組織が壊死し、
引き起こされるのが脳梗塞です。

日本では、怖い脳の病気である脳卒中の4分の3を占めるという
脳梗塞について考えました。

Sponsored Link

脳梗塞の前兆とは?

noukousoku01

脳梗塞は突然起きることも多いのですが、
下記の様な前兆がある人もいます。

チェックしてみましょう。

◆片目が見えなかったり、物が二重に見える
◆ろれつが回らなかったり、言葉が出なくなる
◆転びやすくなる
◆人の言うことが理解できない

こんな症状があったとしたら、しばらくして治ったとしても、
脳梗塞を疑ってください。

脳梗塞の後遺症とは?

noukousoku02

後遺症は、障害を受けた場所によって異なります。

一番多くの人が成るのが片麻痺です。

障害を受けた脳の場所と左右反対の場所に麻痺が出ます。

麻痺が残れば、つえや歩行器、車椅子生活
成ることもあります。

のどに障害が起きて、言葉を出したり、つばを飲み込むことも
困難になる場合もあります。

食べ物がとれなくなれば、胃にチューブを入れて食べ物を通す
胃ろうが行われます。

左脳に脳梗塞が出れば、言葉に障害が出ることがあります。

前頭葉や側頭葉に脳梗塞が荒れば、注意力が散漫になったり、
やる気が無くなるなど、人格に変化が現れます。

脳梗塞はある日突然起きる病気だと言われています。

noukousoku03

すぐに発見し、すぐに治療すれば、後遺症は少ないです。

視野がなんだかおかしい、
急にろれつが回らなくなった、

なんだかおかしいと思ったら、
すぐに脳外科を受診してください。

脳梗塞は予防することもできます。

高血圧や糖尿病は、脳梗塞に繋がりやすいです。

高血圧や糖尿病のある方は、
医師の指示に従って、
きちんと治療するようにしてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索