ほおずき市の由来は?浅草ほおずき市とは?

この記事は1分で読めます

夏の風物詩の一つにほおずき市があります。

オレンジの実の皮をむくと
中にもオレンジ色の実が入っているほおずき。

お盆の時は飾りにも使われます。

夏の訪れを教えてくれるほおずき市
についてお話します。

Sponsored Link

ほおずき市の由来は?

hoozuki02

ほおずき市の由来はいくつかの説がありますが、
主に言われているものをご紹介します。

ほおずき市が行われる7月10日は功徳日と
呼ばれています。

功徳日にお参りすれば、
4万6千回お参りしたことと同じと言われています。

功徳日に、薬草として評判のほおずきを
縁日で売られるようになったのが
ほおずき市の始まりだそうです。

源頼朝から始まったという説もあります。

奥州征伐から引き上げるときに、
源頼朝は浅草で軍を休ませました。

兵士たちは日射病でぐったりしており、
彼らは元気づけようと、
源頼朝は赤いほおずきの実を食べさせた
ことが始まりだそうです。

浅草のほおずき市とは?

hoozuki01

浅草のほおずき市7月9日と10日
浅草寺の境内で開かれます。

ほおずきの露店は120軒あまり。
朝8時頃から夜9時まで市は開かれ、
2日間で約60万人と多くの人が訪れます。

ほおずき娘たちの呼ぶ込みの声に
市全体が活気づきます。

風鈴が付いたほおずきは、だいたい2000円ほど、
二日間で合わせて10万鉢ほども売られるそうです。

hoozuki03

皮をむくと中にかわいいオレンジの実
入っているほおずき。

幼いころに、実の中身を出して、
皮を口に含んで笛のように鳴らした経験が
ある人も多いのではないでしょうか。

幼いころの昔を思い出させてくれるほおずき

7月10日にお参りすれば、
4万6千回分の功徳が得られます。

ご利益を願ってお参りし、
帰りのおみやげにほおずきを買って帰りませんか?

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索