非正規労働者の割合は?パートタイム、期間従業員、派遣・ 契約で賃金は?

この記事は1分で読めます

正社員に嘱託社員、パートタイムなど、
働き方にはいろいろあります。

その中で、就業先に非正規雇用されている
人たちを非正規労働者と呼びます。

hiseiki02

嘱託社員や期間従業員
パートタイムなどがそれにあたります。

派遣社員や契約社員などもですね。

非正規労働者の現状について調べました。

Sponsored Link

非正規労働者の割合はどのぐらい?

hiseiki01

パートやアルバイトで働く人の数は増え続けています。

2013年の総務省の発表によりますと、
役員以外の非正規社員2043万人、
割合は38.2%でした。

小売業サービス業で非正規として
働く人の数が増えたことが原因です。

非正規労働者の半分以上は女性です。

家計を助けるために結婚後に非正規で
働く女性が増えているようです。

非正規労働者の年収は?

hiseiki03

国税庁の発表した2012年の
サラリーマン平均年収によりますと、

労働者の平均年収は408万円、
正社員は468万円非正規社員は168万円でした。

非正規労働者は収入が安定しないばかりか、
全体の年収もかなり低め
ということがわかりました。

非正規ではたらく若者が多いのは、
正規の働き口があまりないことが理由です。

これからの日本の未来を担っている
若者たちがこの低い年収のまま、

非正規で働き続けることを考えると、
日本の未来が不安になりますね。

若者たちは、正規社員として仕事に就くことが
難しくなり、非正規またはニートが増えてきました。

非正規で働くと、賃金も低く不安定、
自分の持つ能力を開発する機会もあまりありません。

hiseiki04

生活が不安定なことから将来を決めることができず、
結婚や出産を考えられない若者が増えたといいます。

日本の将来を明るくするためにも
雇用の安定が求められます。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索