和菓子の日のイベントとは?虎屋で販売するお菓子とは?

この記事は1分で読めます

日本には多くの記念日がありますが、
6月16日和菓子の日です。

和菓子の日は1979年、
全国和菓子協会によって制定されました。

wagasi06

歴史ははるか平安中期に逆上ります。

国内で疫病が蔓延した平安中期
仁明天皇は848年の嘉祥元年、6月16日、
16個のお菓子や餅を神前に供えました。

それ以降、6月16日に厄除けのために
お菓子を食べる習慣が広がり、
近世まで続いたといいます。

和菓子の日について調べたことをご紹介します。

Sponsored Link

和菓子の日のイベントとは?

wagasi02

和菓子の日にちなんであちこちで
イベントが行われます。

その一つが手作り和菓子教室です。

東京製菓学校で行われる和菓子教室、
2014年は6月7日に開催されます。

参加費用は1000円です。

応募先は東京和菓子協会まで、
締め切りは5月16日ですからお見逃しなく。

明治神宮では、6月16日に一番近い週末に
毎年和菓子を無料配布しています。

こちらもお見逃しなく。

和菓子の日に合わせて虎屋で販売するお菓子とは?

wagasi01

和菓子の老舗である虎屋では、
和菓子の日にちなんだお菓子を販売します。

その名前は嘉祥饅頭

厄除招福を願って作られました。

つくね芋を作った生地で作られ、

嘉定通宝の印を押した黄色のおまんじゅう、
招福の焼き印を押した紅色のおまんじゅう、

そして全国和菓子協会のマークを押した
茶色のおまんじゅうの3種類です。

上品なお味でとても美味しいですよ。

虎屋の和菓子は楽天市場でも扱っているみたいですね。
=>虎屋の和菓子を楽天市場で探す

日本独自のものとして発展を遂げてきた和菓子。

wagasi03

いつもはケーキにコーヒーを飲んでいる方も、
日本に古来からある和菓子を食べてはいかがでしょうか。

また、和菓子を一度自分で作ってみたいというかたは、
ぜひ和菓子作りイベントにご参加ください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索