朝顔の季節育て方は?種まきは?入谷の朝顔市とは?

この記事は1分で読めます

だれでも小学校や幼稚園で
育てたことがあるものが朝顔です。

夏休みに育てた思い出のある人が
多いのではないでしょうか。

asaga02

朝早くに咲いて日が昇る時間には
しぼんでしまうから、

早起きしないと咲いているのを
見れないこともある朝顔。

みんなに馴染みのある夏の花
朝顔をあらためてご紹介します。

Sponsored Link

朝顔の育て方は?種まきの方法は?

asaga01

子供が学校などで育てる朝顔。

育て方はそれほど難しくはありません。

しかし種をまく時には注意が必要です。

市販の種であればそのまま
まくだけで大丈夫です。

そのまままいたら目が出ないのが、
自分で昨年育てた朝顔の種を使う場合です。

朝顔の種は皮が固いので水を
吸いやすくしてあげなければいけません。

一晩水につけるか、ペットボトルに種を入れて振り、
皮に傷をつけましょう。

市販のものならばたいがい処理してあるので
まくだけで大丈夫ですが、
一応、種の説明書きをお読みください。

朝顔市とは?

asaga03

夏の風物詩として、
毎年7月6日、7日、8日の三日間にわたって、

東京の鶯谷駅から3分のところにある
入谷の鬼子母神では、入谷の朝顔市が開かれます。

朝顔業者に100もの露天が並び、
毎年多くの方が訪れます。

朝顔もいろいろな種類が並んで楽しいですよ。

夕方ぐらいになれば涼しくなって
歩きやすくなりますから、
美しい朝顔を見にぜひおいでください。

朝顔と聞くと、みんな育てたことを
懐かしく思い出しますよね。

つるがどんどん伸びていく姿は、
見るのも楽しいです。

asaga04

うっかり寝坊して朝見ると、
しぼんでいる朝顔を見てがっかりすることも。

種の給水にさえ気をつければ
簡単に育てられる花です。

きれいな花を咲かせることを願って、
種まきから始めませんか?

また、いろいろな種類も朝顔を
見てみたいと思う方は、
朝顔市をぜひ一度おたずねください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索