地蔵盆の意味とは?おもちゃが必要?

この記事は1分で読めます

関東の人には馴染みがありませんが、
関西地方で暮らす子どもたちには
お馴染みの行事があります。

それが地蔵盆です。

jizo01

地蔵盆は毎年8月23日と24日
二日間にわたって行われます。

子供が少なくなった地域では
一日短縮することもあるとか。

また、大人の都合で8月23日と24日の前後
土日に行われることもあります。

関東ではあまり知っている人はいなくても、
関西ではみんなが知っている
地蔵盆について調べました。

Sponsored Link

地蔵盆の意味とは?

jizo02

お地蔵さんと言えば子どもや地域の
守り神ですよね。

地蔵盆ではお地蔵さんを洗い清め
お化粧をしてお供えをして祀ります。

地蔵は地獄に住む鬼から
子供を救うと言われています。

そんなことから、子供の健やかな成長を願って
行われるようになったのがならわしです。

京都生まれの地蔵盆ですが、
現在は関西地方を中心に地域の町内会が
中心となって行っています。

地蔵盆にはおもちゃが必要?

jizo03

地蔵盆に必要な物はおもちゃです。

おもちゃはお菓子と一緒にお地蔵さんの
前にお供えされますが、
集まった子どもたちにふるまわれるのです。

おもちゃをもらうのを毎年子どもたちは
楽しみにしています。

花火や文房具、変装グッズなど、
おもしろいおもちゃがたくさん並びます。

大人になっても楽しかった思い出が
残っている人も多いです。

夏休みの終わりが近づくとやってくる地蔵盆。

主役は子どもたち
大人たちは子どもたちの接待に回ります。

夏休み最後の大イベント、
お菓子を食べたりおもちゃをもらったり
子どもたちにとっては楽しいことが満載のイベントです。

関東に住んでいる子どもたちが地蔵盆の話を聞けば、
きっとうらやましく思うでしょうね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索