シェイクスピアの四代悲劇とは?残した名言は?

この記事は1分で読めます

ロミオとジュリエット夏の夜の夢
ハムレットなどの文学は、
どなたでも読んだことがあるのではないでしょうか。

sha03

それらを書いたのはシェイクスピアです。

イングランドの劇作家であり詩人でもあるシェイクスピア

彼の作品は、細かな心理描写が魅力です。

だれでも一度は読んだことのある作家、
シェイクスピアについて調べました。

Sponsored Link

シェイクスピアの四大悲劇とは?

sha01

シェイクスピアの作品には、
歴史劇悲劇、喜劇があります。

中でも有名なのが四大悲劇です。

四大悲劇とは
リア王、ハムレット、マクベス、オセロです。

sha04

悲恋物語として有名なロミオとジュリエットは、
四大悲劇には含まれていません。

この悲劇の主人公たちはみな貴族や王子、王たちです。

高い地位に有る彼らでも人間であるゆえに愚かさを
持っています。

そして愚かさゆえに過ちを起こすのです。

シェイクスピアの四大悲劇を読むと、
人間の愚かさを感じますよ。

シェイクスピアの残した名言は?

sha02

シェイクスピアは数々の名言を残しています。

人生について、死について、そして友情について、
どれも聞けば考えさせられますよ。

ここでいくつかご紹介します。

『生きるべきか死ぬべきか。それが疑問だ。』

『人間一度しか死ぬことはできない。』

『人々は悲しみを分かち合ってくれる友達さえいれば、
 悲しみを和らげられる。』

シェイクスピアの作品は世界中の人々に読まれています。

400年以上も前に作られた作品でありながら、
時代の流れに負けてしまうことなく、
普遍的な芸術作品となっています。

ちょっとむずかしいと思う方も、
ぜひ一度手にとってシェイクスピアの本を読んだり、
劇を見に行ってみてください。

人間について考えさせられますよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索