グルコースとは?基準値は?高いと大変なことになる!

この記事は1分で読めます

健康診断の時に、血液検査がありますよね?
血糖値の値が高いと、糖尿病への注意が促されます。

guru04

血糖値は、血液中のブドウ糖の値を指します。

ブドウ糖は英語表記でグルコースと言います。

血液検査では(GLU)と表記されます。

脳や体を動かすために大切なエネルギー源であるグルコース、
その基準値はどれ位か、値が高い場合はどうしたら良いのか。

身体のために欠かせないグルコースについて調べてみました。

Sponsored Link

グルコースの基準値とは?

guru03

グルコースの量は一日の間でも食事の前後で大きく変わります。

食事をすると、炭水化物ブドウ糖になって血液中に出ますので、
どうしても食後は食前より高くなります。

健康診断の時は空腹時のグルコース量を測定します。

グルコースの基準値は、
空腹時で 70~109mg/dlとなります。

日本人間ドックの判定基準によりますと、
空腹時の血糖値110~115mg/dlであれば定期検査、
116~125mg/dlであれば、
ブドウ糖負荷試験などの血液検査が必要とされています。

グルコースの値が高ければどうしたらいい?

guru02

グルコースの値が高いと糖尿病を引き起こします。

糖尿病は放っておくと神経障害や網膜症など
合併症を出てしまいますので、
グルコースの値を下げるように治療する必要があります。

まず必要なのは食事療法です。

食べていけないものはありませんが、
一日の身体活動量に合わせて
食べられる総カロリーが定まっています。

医師の指導に従って、
低カロリーでバランスをとれた食事が必要です。

guru01

また、食後1時間から2時間の間に、ウォーキングなど
軽い運動も効果的です。

きつい運動は必要ありませんが、
楽しく続けられる軽い運動をしましょう。

健康診断でもしないとグルコースの値はわかりませんよね。

でも、毎日を健康で過ごすために、
グルコースは正常の量を保たなければなりません。

多すぎても少なすぎてもいけないグルコース
健康診断で注意を受けたら、
すぐに医療機関を受診してください。

スポンサードリンク

関連記事

    • 小林勝
    • 2016年 6月9日

    血液検査で113
    しかし空腹時ではなかった。
    検査の時は食事の事を指示してくれれば良いと思います❗

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索