インフルエンザの症状は?ウイルス?予防は?潜伏期間は?

この記事は1分で読めます

毎年冬になると流行するのがインフルエンザです。

世界中で多くの人にかかるこの病気は、
インフルエンザウイルスによって引き起こされます。

どの年齢の人にも感染しますが、
子どもや高齢者は重症化しやすいと言われています。

学校で流行すると学級閉鎖にもなる
インフルエンザについて調べました。

Sponsored Link

インフルエンザの症状は?

infuru09

風邪を見分けるためにもインフルエンザの症状
についてご説明します。

インフルエンザは症状が重く発症が急激なのが特徴です。

突然38℃以上の高熱が出て、関節痛や筋肉痛を伴います。

一週間ほどで治癒に向かいますが、
気管支炎や肺炎を併発して脳炎心不全になる
危険もあります。

インフルエンザにはA型、B型、C型があります。

A型はB型よりも症状が重く、重篤になれば
死に至ることもあります。

過去に流行したスペイン風邪や香港かぜは、
A型インフルエンザです。

インフルエンザの潜伏期間は?

infuru01

ウイルス感染症の潜伏期間は一般的に
1週間から10日です。

しかしインフルエンザはウイルスの増殖スピードが
非常に早いため、潜伏期間は一般的に一日から二日
だと言われています。

潜伏期間中は症状はありませんが、
実は感染能力はあるのです。

まだ症状が出ていなくても身近な人がインフルエンザに
かかっていたら、予防のためだけでなく他の人に
感染しないように、マスクをすることをおすすめします。

インフルエンザは一週間ほどで治ります。

infuru03

かかってしまったら、栄養睡眠十分にとって
安静にしっかり休養を取りましょう。

が出ると水分を失いやすいですから
水分補給もしっかりと。

また、毎年予防のためにインフルエンザワクチン
注射も忘れずに。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索