ロキソニンとは?劇薬?市販薬?副作用は?

この記事は2分で読めます

TVから流れるCMの中でも、
つい反応してしまうのが薬のCM

あの「ピンポ~ン」という音が聞こえると
気になって画面に目をやる人も多いのではないでしょうか。

薬の広告は人体の健康に直接影響を及ぼすためか、
特に規制が厳しく薬事法で定められています。

CMでは使用上の注意についての説明文を
「ピンポ~ン」などの喚起音をつけ
画面中央に3秒以上だすよう指導されているのです。

そんな薬のCMの中で最近気になる
ロキソニンについて調べてみました。

Sponsored Link

ロキソニンとは?

roki01

ロキソニン解熱、鎮痛、炎症を抑える薬です。

解熱鎮痛剤のなかでは胃への副作用も少なく
効果が確かなため、内科・外科を問わず
医療機関で最も処方されることの多い薬の一つでしょう。

ロキソニンは劇薬だった?

roki02

ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬に分類され
その効果の強さから、かつては劇薬指定
医師の処方箋が必要な薬でした。

ロキソニンを処方してもらうためだけに、
病院で長い時間を過ごした患者さんもいたはずです。

しかし今では劇薬指定が解除され、
製薬会社各社から市販薬が発売されて
気軽に町のドラッグストアで購入できるようになりました。

ロキソニンはスイッチOTC薬?

roki03

耳慣れない言葉、スイッチOTC

OTCとはOver The Counterの略で
「カウンター越しに」という意味合いです。

医師の処方箋なしでは使用できなかった医薬品のうち
その後規制が解除され、処方箋なしでも薬局の
カウンター越しに買えるようになった薬のことをいいます。

ロキソニンもこのスイッチOTC薬の一つで、
2011年に第一三共ヘルスケアがはじめて
「ロキソニンS」という商品名で販売を開始しました。

病院で処方されるロキソニンも
市販のロキソニン薬もその成分は同じで
基本的に効果に大きな差はありません。

ロキソニンの副作用は?

roki04

解熱鎮痛剤系につきものの副作用が胃腸障害です。

胃腸障害は放置すると胃潰瘍を引き起こす恐れがあるため
病院でロキソニンを処方するときには
胃薬を一緒に処方することがあります。

ロキソニン自体は副作用を抑制するためプロドラッグ化という
体内で代謝されてはじめて効果を表す工夫が施された薬ですが
まったく副作用が起こらないわけではありません。

気軽に購入できるとはいえ、薬は薬

用法・用量・服薬方法をきちんと守って
使用したいものですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索