もやもや病で手術!どのような場合?入院期間は?

この記事は2分で読めます

もやもや病を発症すると、悪化すれば
脳の血管が影響を受けて脳梗塞脳出血
などの怖い病気を率い起こす恐れが
あります。

もやもや病については治療法などが
確立されていませんが、現在最も
効果が高いと言われる治療が手術です。

まだ解明されていないことから心配な病気、
もやもや病のことをよく知らないのだけれど、

知識としてまずもやもや病の手術や治療
について知っておきたいという方のために、
ご説明します。

Sponsored Link

もやもや病で手術となるのはどのような場合?

もやもや病になった場合、治療法として
考えられるものは手術の他に投薬治療
あります。

薬による治療になった場合は、
詰まりやすい血流を良くするために
抗血小板薬、または血管を広げる効果が
ある薬が出されます。

しかし血管が詰まって出血などを
起こしている場合は手術治療しか
ありません。

手術治療では血管を繋いで流れを
良くするバイパス手術が行われる
こととなります。

脳の血流を良くするための手術ですから
太い血管のつまりまでは対処できない
のですが、

手術になる場合は血管のつまりが悪化
している状態であること、

そして脳出血などを防ぐために直ぐに
手術が必要だということを覚えて
おきましょう。

もやもや病で手術になった場合の入院期間は?

もやもや病で手術となった場合、
入院期間は2週から3週間となっています。

その後は通院治療に入り、検査や
リハビリが行われます。

手術をする上に入院期間が2週間から
3週間となりますと入院費用もかなり
の額になってしまいます。

しかし、もやもや病は難病に指定されて
いますから、手続きをすれば重症の方の
場合は自己負担がありません。

良うわからない方はお住いの保健センター
などで確認してください。

もやもや病は解明されていないよく
わからない病気なだけにどんな治療が
行われるのか、

または手術になったらどうしようなど、
気になる点がたくさんあります。

もやもや病はまだ完全に治療するための
治療法が確立されていない難病で、
完治するものではありません。

しかし、きちんと飲まなければならない薬
を飲み、必要な手術を受け、そして定期的
に検査を受けていれば命に影響
およぼすことはありません。

もやもや病の再発がないように、
もしもやもや病になってしまった
としても元気で長生きするために

健康的な生活をおくるようにすれば、
命が短くなることはありませんよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索