ハムレットのあらすじは?生まれた有名なセリフとは?

この記事は2分で読めます

シェイクスピアの四大悲劇の一つで、
古典の劇として登場することも多いものに
ハムレットがあります。

デンマークの王子であるハムレットが、
復讐心に駆られてとった行動によって
悲劇が悲劇を生み、最後には誰もいなく
なってしまうというハムレットの物語は、

どうしようもない人間の愚かな姿について
語っています。

よく知っている人も知らない人も改めて
知ってほしいハムレットについて調べました。

Sponsored Link

ハムレットのあらすじは?

shakespeare07

ハムレットの物語は、デンマーク王の急死
から始まります。

父親であるデンマーク王は急死、そして
王妃は王の弟であるクローディアスと結婚し、

クローディアスが新しくデンマーク王と
なります。

父の亡霊から、自分がクローディアスに
殺されたと聞いたハムレットは復讐を心に
誓います。

狂ったふりをするハムレットは愛していた
オフィーリアにも冷たい態度を取り、

しかも勘違いからオフィーリアの父親
であるボローニアスを刺殺します。

父が殺され、ハムレットにも去られた
オフィーリアは発狂した後に死んでしまい、

オフィーリアの兄レアティーズは父親と妹の
であるハムレットと戦いの末、いずれも負傷
してレアティーズは命を落とします。

王妃はクローディアスが用意した毒の盃を
間違えて飲んだために死に、クローディアス
はハムレットによって刺されて殺されます。

最後にハムレットも死んでしまい、この物語
の殆どの登場人物が死んでしまうという悲劇
の物語は終わります。

ハムレットから生まれた有名なセリフとは?

shakespeare08

「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」

ハムレットが父親のかたきを討つべきか
どうか、悩んだときのセリフです。

生きることと、死ぬこと、どちらを選択
するかは、たしかに究極の悩みですね。

「天と地の間には、お前の哲学では思いも
よらない出来事があるぞ」

いかに哲学を極めている人でも、地上の
出来事の中には想像もつかないことが
起こるものです。

ハムレットの言葉には重みが感じられます。

shakespeare09

ハムレットの言葉にはこの他にも深い言葉
がたくさんあります。

一つの悲劇からまた別の悲劇が生まれて、
次から次へと追い詰められて悲しい人生を
歩むしか無いハムレット。

非常に悲しいお話なのですが、どうして
このような結末を迎えるしかなかったのか、

他に何か方法はなかったのか、
悲しい運命に身を委ねるしかなかった
ハムレットを感じるために、

ハムレットを知っているという方も
よく知らないという方も、今一度
最初から読んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索