レーシック手術とは?危険性は?レーシック難民?

この記事は1分で読めます

一昔前、海外で日本人と言えば眼鏡、のイメージでしたが
コンタクトレンズの普及により、眼鏡を使用している人は
ひところよりだいぶ減りました。

それでも、近視者が多いことには変わりはありません。

そこで今回は、眼鏡やコンタクト使用者にとっての救世主
レーシック手術について調べてみました。

Sponsored Link

近視の原因は?

re06

人の目は水晶体に焦点を合わせ、
ものを見るようになっています。

焦点を合わせる際にはレンズを絞るように
水晶体の筋肉伸び縮みで調節するのですが、
近いところばかり見ていると筋肉が固まり
焦点がきちんと調節できなくなって近視となります。

レーシック手術とは?

re01

近視の矯正は目の屈折率を変えることで行います。

通常は眼鏡やコンタクトで視力を矯正するのですが
レーシック手術は角膜を削って屈折率を変え
近視を矯正します。

レーシック手術の危険性は?

re04

レーシック手術は痛みが少なく、
視力の回復も早いというメリットがありますが、
いいことばかりではありません。

まず、レーシック手術は角膜を削って屈折率を調整するため
角膜が薄いと手術を受けることはできません。

また、レーシック手術をしても高齢になると老眼になり
視力の低下が始まってしまうため、
中年以降の年齢で手術を受けてもあまりメリット
ないと言われています。

re02

脳に近い眼球でレーザー光線などを使用した手術を行うためか、
術後に頭痛、眩暈、閃光、目の痛み、物が見えにくくなった
副作用のような症状に苦しむ人もおり、
有効な治療法もないまま「レーシック難民」と呼ばれています。

アメリカではこのようなレーシック難民の人達が
「事前に危険性を告知されなかった」として
医療機関に対し集団訴訟を起こすなど問題化されています。

入院の必要もなく手軽に近視を矯正し、
眼鏡やコンタクトから解放してくれるレーシック手術

ただし、専門医などの意見をしっかり聞いてリスクを把握し、
信頼できる眼科医で行ってもらう必要がありそうです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索