四大悲劇、リア王のあらすじとは?生まれた名言とは?

この記事は2分で読めます

シェイクスピアの四大悲劇の一つに
リア王があります。

暴君のリア王は自分の跡継ぎになるものを
3人の娘の中から選ぼうとするのですが、

言葉の裏に隠されている本当の気持
わかることができないために、結局は
すべてを失ってしまいます。

リア王は悲劇ということはわかって
いるけれどよく内容は知らないという
方のために、大まかなリア王のあらすじ
とリア王から生まれた名言をご紹介します。

Sponsored Link

四大悲劇、リア王のあらすじとは?

shakespeare04

主人公はブリテン国の王であるリア王です。

リア王には、長女のゴネリル、次女の
リーガン、そして三女のコーデリア
という3人の娘がいるのですが、

自分は王の座を降り、三人の娘の領地を
分けようと考えます。

しかし、ここでリア王は自分がどの
ぐらいの敬意を娘から抱かれているかを
知るために、娘達に自分への思い
口にさせます。

二人の姉が領地を得たいがために美辞麗句
を述べる中、三女のコーデリアだけが
本当の気持を語りましたが、

リア王はコーデリアの気持ちをわかる
ことができずにコーデリアを勘当します。

その後、リア王は上の二人の娘の家を
訪ねますが冷たい扱いを受けるだけでなく
ひどい仕打ちを受けて初めてコーデリア
だけが父を助けますが、

リア王とコーデリアは捕虜として捕らえられ、
コーデリアは獄中で命を落とします。

そしてリア王も悲しみのあまりに絶叫
しながら命を絶ちます。

リア王から生まれた名言とは?

shakespeare05

「われわれが生まれおちた時、この阿呆
どもの舞台にきたことに、泣き叫ぶのだ」

この言葉は三人の娘のうち上の二人の
言葉に騙されていたことに気がついて
気が狂ってしまったリア王の言葉です。

言葉の裏にある真意を見抜くことが
できなかったことに、リア王は絶望
してしまったようです。

「私の愛情は私の舌より重いのだもの」

これは、父親に対する愛情をコーデリア
が語った言葉です。

コーデリアこそ真に父親を愛しており、
思いは口にすることができないほど
深いものだったのでしょうが、

リア王にはその言葉の意味を解することが
できなかったのです。

shakespeare06

リア王の話の内容はなんとなく知っている
という方も、リア王は読んでいけば読んで
いくほど話の奥深さに気が付きます。

古典文学はしばらく読んでいないという方も、
リア王を改めてじっくり読んでみては
いかがでしょうか。

コーデリアの深い思い、そしてリア王の
悲しみの深さを心の底から感じることが
出来て、

本当の愛情とはどのようなものなのか
考えさせられますよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索