シェイクスピアの恋愛に関する3大名言!

この記事は2分で読めます

時代を超えてもなお、多くの人々に
読まれているものといえばシェイクスピア
の作品です。

悲しい結末を迎えるものからハッピーエンド
まであらゆる物語を書いたシェイクスピア
作品は、本として読まれるだけでなく、
舞台や映画になったものも多いです。

シェイクスピアは恋愛に関して幾つもの
名言を残しています。

恋愛に盲目になりそうな方、ここで
シェイクスピアの言葉に耳を傾けて
みませんか?

Sponsored Link

シェイクスピアの恋愛に関する名言1
 恋に盲目の人におくる言葉

shakespeare01

ほどほどに愛しなさい。
長続きする恋はそういう恋だよ。

この名言は、悲劇として有名なロミオ
とジュリエットの中に出てきた言葉です。

人は誰かを愛しすぎてしまうと、その恋は
短命に終わってしまうものです。

他のものが見えなくなるぐらい激しい恋
するよりも、穏やかな恋のほうが確かに
長続きしそうですね。

大失恋をしたときにこの言葉を聞くと
慰められるかもしれません。

シェイクスピアの恋愛に関する名言2
 失恋をした人におくる言葉

shakespeare02

どんな傷でも、治る時は徐々に治ったのではありませんか?

失恋をするということは非常に辛いことです。

しばらくの間は何をする気にもならず、
胸の痛みを抱える人も多いでしょう。

しかし、時間がたてば失恋の痛手も
だんだんと瘉えてきます。

胸の痛みに苦しんでいる方がこの言葉を
聞いたら、少し落ち着くことができそう
です。

シェイクスピアの恋愛に関する名言3
 いつも自分から好きになってばかりいる方におくる言葉

求めて得られる愛は素晴らしい。
でも求めることなく与えられる愛はもっといい。

自分が好きな相手に振り向いてもらえたら、
本当に心から幸せです。

しかし、自分が好きだと思う気持ちと
同じぐらい相手も思ってもらえている
ならば幸せですが、ただ自分からだけ愛を
与え続けることは辛く苦しいものです。

自分から好きになることも良いことなの
ですが、無理なく人を愛することは自分を
大事にすることにつながります。

shakespeare03

シェイクスピアは作品の中に数々の恋愛を
描いてきただけに、言葉の中にも深み
感じることができます。

恋愛をしているときはその恋愛だけに夢中
になって誰に何を言われても聞き入れる
ことができない時もありますが、

ふと思い立ったときに、シェイクスピアの
を手にとって読んでみたらいかが
でしょうか。

人から何かを聞くよりも、本を読むと
その内容が心のなかに入りやすいものです。

自分の恋愛についての考え方が、
シェイクスピアの本を読むうちに
変わってくるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索