アインシュタインの名言「天才とは」どの様な意味?

この記事は2分で読めます

世界中の誰もがその名前を知っている
アインシュタイン相対性理論を提唱した
物理学の転載です。

アインシュタインは、多くの名言を
残しています。

その中で、有名なものに天才について
語った言葉があります。

「天才とは努力する凡才のことである」

天才のアインシュタインが残したこの
名言にはどのような意味が込められて
いるのでしょうか。

アインシュタインの「天才とは・・・」の名言
について考えました。

Sponsored Link

・アインシュタインは努力家だった

einstein01

生まれつきの天才ではなく
アインシュタインは努力の人でした。

子供の頃のアインシュタインは、人の言葉を
理解したり、自分から何かを話すことが
苦手だったといいます。

最初からなんでも出来る天才だったので
はなく、アインシュタインは自分で努力
に努力を重ねて、多くのものを見出す
ことができました。

努力すればするほど天才になれるという
言葉通り、アインシュタインは身を
もって実践したのです。

・努力したら誰もが天才になれる?

einstein02

自分は普通の人間だから、努力をしたって
大したところまでいかない、

またはもともと才能がある人でなければ
成功しない、

そんなふうに思って自分を諦めている方
いらっしゃるのではないでしょうか?

でもそれは非常にもったいない話なのです。

どんなことでも自分で努力をして続けて
いかなければ成功することはありません。

諦めてしまっては成功どころか、
悔いが残るだけなのです。

努力をしてもムダなのでは、と諦めて
しまってはそこで終わってしまいます。

アインシュタインは自身の言葉でも言った
とおり、話をすることが苦手だった自分を
努力で変えていきました。

そして勉強をし続けた結果、相対性理論を
提唱し、世界中に名前を知られるまでに
なったのです。

話すことが苦手なところからそこまで
成功するとは、どれだけ努力した
のでしょうね。

でも、世界に名を知られた天才だって
努力をして天才と呼ばれるままになった
のです。

そう思うと諦めてなんていられませんね。

einstein03

アインシュタインの天才とは・・・の名言
を聞くと、頑張ろうという気持ちになり
ませんか?

人はちょっとできないことがあると、
もっと努力をすれば出来ることなのに、
勝手に何処かで諦めてしまうのです。

アインシュタインは、

「自分の無知に気づけば気づくほど
より一層学びたくなる」

という言葉も残しています。

その探究心があったからこその成功
なのでしょう。

アインシュタインにあやかって努力すれば、
誰もが夢をかなえることができそうです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索