非常灯の種類は?LEDに変更するメリットは?

この記事は2分で読めます

停電になった時にはすべての電気が落ちて
真っ暗になってしまうわけではありません。

停電した時に点灯して、室内や廊下、避難
するための階段を照らしてだれも困ることが
ないように誘導することが出来るものが、
非常灯です。

非常灯があれば、避難する人々は暗闇の中で
躓いて転ぶなどしてけがをすることがなく、
無事に避難することができます。

非常灯は最近LEDが認められましたので、
LEDのものが多く売りだされています。

人が安全に避難するためには欠かせない
非常灯について調べました。

Sponsored Link

非常灯にはどんな種類があるの?

emergency01

非常灯は建築基準法により商用施設や
工業施設、そして宿泊施設では
取り付けなければいけないと
定められています。

非常灯には専用型、組込型
そして併用型の3種類が存在します。

専用型は停電になるまでは消えていますが、
停電になった時に点灯します。

組込型は普段使うためのものと非常時に
点灯するものの2種類が一つの電灯の中に
存在します。

そして併用型は通常は電源から電気を
もらった点灯する同じものが、停電の時に
切り替わって非常灯として働くというものです。

非常灯をLEDにするメリットは?

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

これまで非常灯には白熱電球や蛍光灯しか
認められていませんでしたが、最近になって
LEDは認められるようになりました。

LEDの最大のメリットは寿命が長い
ということです。

現在売りだされているLEDの非常灯は、
これまでのものと比べて寿命が3倍以上
なりました。

しかも、蛍光灯の非常灯に比べて、
消費電力は30%も節約することができる
ようになっています。

そのため、これまでのかたちの非常灯に
比べ、LEDの非常灯は交換するために
かかるメンテナンスをする回数を少なく
することが可能です。

しかも、かかる電気代を少なくすることが
できますから、経済的にも優しいです。

もう一つ、エコを考えましても水銀灯に
使われている水銀をLEDは使用しません
ので、効果は非常に高いです。

emergency02

これまで施設の中で従来の蛍光灯のタイプ
の非常灯を使っていたというところでは、
現在LEDの非常灯に交換しているところが
多いです。

取り付けられている非常灯を新しく替える
ということはそれなりに費用も発生して
しまうのですが、

それでも将来かかる電気代などを考えますと
LEDの非常灯はおすすめなことがわかります。

小さな電力で従来のタイプと同じ明るさを
得ることが出来るLEDは、今後、防災の
分野でも大活躍することでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索