ミネラルとは?亜鉛は?効果は?過剰摂取すると?

この記事は1分で読めます

人体に必要な5大栄養素と言えば
タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルです。

ミネラルの中でも注目度の高い亜鉛について、少し調べてみました。

Sponsored Link

ミネラルとは?

aen02

無機質ともよばれるミネラルの数は多く、
カルシウム、鉄、ナトリウム、亜鉛などがその代表です。

ミネラルは骨や体の組織を構成し、体の調子を整える
重要な働きをしますが、体内で作ることができないため
食べ物からとる必要があります。

亜鉛の役割は?

ミネラルの中でも亜鉛は細胞分裂に深く関わる
重要なミネラルです。

そのため成長期など、新陳代謝が活発な年齢ほど、
亜鉛を多く必要とします。

亜鉛の効果は?

亜鉛の主な働き

●子供の健全な成長
●体の免疫力を上げる
●血糖値を下げる
●育毛の促進

亜鉛の摂り方

aen03

亜鉛を始めミネラル類は体内に貯蔵できないため、
必要な量だけ食べ物で補うことになります。

亜鉛は卵、米、納豆、ブロッコリー、レバー(牛・豚)、
牡蠣、海苔、うなぎなど、一般的に食卓にのぼる
多くの食品に含まれています。

ただ、亜鉛は体内で吸収されにくいという欠点があるため
吸収率をアップさせるクエン酸やビタミンC
一緒に摂ることをお勧めします。

牡蠣レモン汁などは、最適な組み合わせですね。

亜鉛の必要量は?過剰摂取すると?

aen04

1日に必要な亜鉛の摂取量は
成人男性が12mg成人女性が9mgです。

亜鉛が不足すると亜鉛欠乏症になり、
味覚障害、シミや皺、脱毛、免疫力の低下などの症状が現れます。

かといって、亜鉛を摂りすぎると風邪を引きやすくなったり、
頭痛や発熱、嘔吐や脱水症状、腎臓への障害なども報告されています。

亜鉛を一度に大量摂取した場合は、急性中毒となる恐れもあります。

不足しても摂りすぎてもいけないのがミネラル

厚生労働省では13種類のミネラルについて
「日本人の食事摂取基準」を掲げ摂取量の指標が定めていますので、
ぜひ参考にしてください。

栄養素はバランスよく摂ることが必要なんですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索