インフルエンザの症状が軽い?理由は?何に気をつければいいの?

この記事は2分で読めます

インフルエンザと聞くと高熱で何日も
苦しむイメージですが、人によっては
症状が軽くしか出ない方がいます。

インフルエンザなのに微熱しか出なかったり、
風邪とはちょっと違うかなと思ってもよく
わからないことがあります。

子供は特にインフルエンザの症状が軽くしか
出ない場合があります。

いくら軽くても気をつけなければならない
インフルエンザについてお話します。

Sponsored Link

インフルエンザの症状が軽い理由とは?

influ01

インフルエンザにかかると全員に
重い症状が出るイメージがありますが、
人によっては全く症状が出ない場合があります。

それを不顕性感染といい、インフルエンザに
感染した20%から40%がそうだと言われています。

インフルエンザの予防のために予防接種
している方は多いですが、予防接種をしている
インフルエンザに掛かっても症状は軽いです。

もう一つ、インフルエンザウイルスの毒性が
それほど強くない場合も症状は軽いままで
終わってしまいます。

インフルエンザと風邪の症状は似ていて
区別がつけにくいです。

けれど風邪にしては咳などが長く続くな、
という場合は、症状が軽くてもインフルエンザ
の可能性が高いですよ。

インフルエンザが軽くても気をつけなければならないこととは?

influ02

インフルエンザに感染しても症状が全く
出なかった場合は、本人も周りの人も気が
付かなかったのですから仕方ありません。

しかしちょっと調子が悪いとなったら少なく
とも風邪にはかかっているわけです。

自分には症状がほとんど出なかったとしても
インフルエンザには感染しているわけですから、
誰かにはうつしてしまう可能性があります。

小さな子供は高齢者は免疫力が弱くうつりやすい
ですから、家族の中に小さな赤ちゃんがいたり、
高齢者の方がいらっしゃる場合は自分は大丈夫
だったとしても用心してください。

飛沫感染でインフルエンザは広がります。

少しでもせきが出るようならば必ずマスク
するようにしてください。

influ03

症状が軽くしか出なければ本人は元気ですから、
いつもと同じように動きまわりたいですよね。

しかし、自分が良くても人にうつすわけには
いきません。

マスクをするなど、周りの人に対するエチケット
は忘れないで下さい。

そして風邪かな?と思っても微熱が続くよう
ならば放っておいてはいけません。

大丈夫だと思わずに、調子が悪ければ
病院で診察して調べてもらいましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索