ヴァセリンを唇に?肌の艶?まつげ美容液の代わり?

この記事は2分で読めます

寒い季節は空気が乾燥していますから、
どうしても肌が乾燥します。

もともと肌が乾燥肌だという方は、
冬の暖房のきいた部屋の中にいると、
すぐに肌のつっぱりを感じるようになります。

肌の乾燥をそのままにしておくと肌があれが
ひどくなりますから、保湿対策が必要です。

保湿対策としておすすめなものにヴァセリン
あります。

ヴァセリンはどのようにして使うと効果的
なのでしょう?

美肌を作るためにヴァセリンを上手に利用する方法
について調べました。

Sponsored Link

ヴァセリンを唇に塗ってカサカサの唇をツヤツヤに

vaselin01

冬になって空気が乾燥すれば肌のつっぱりも
気になりますが、唇がカサカサするのも嫌
ですよね。

唇がカサついていると、
口紅もきれいに塗れません。

そんな時に効果的なのがヴァセリンです。

ヴァセリンを唇の上に塗ってからラップを
被せて10分間ぐらい置きましょう。

10分間待てば、かさついていた唇も
しっとりとうるおいます。

化粧下地の代わりにヴァセリンを使って肌の艶を手に入れよう

vaselin02

ヴァセリンお化粧の下地として使うことも
可能です。

冬の時期はファンデーションを付けても乾燥
しているために粉っぽくなってしまいますが、
そんなときがヴァセリンの出番です。

ファンデーションの前にヴァセリンを塗る
ようにすれば、化粧ノリも良くなりますし
肌にツヤが出てきますよ。

肌に若さを取り戻したいという方はぜひ
お試しください。

ヴァセリンをまつげ美容液の代わりに使おう

vaselin03

まつげは長いほうが女性らしくてきれいですよね。

長いまつげに憧れて、エクステなどをしている
方も多いです。

エクステもいいけれど、自分のまつげを長く
できないか、と思った方は、
まつげにヴァセリンを塗ってみてください。

ヴァセリンには保湿効果がありますから、
まつげの先まで栄養が届き、
自然にまつげが長くなりますよ。

まつげ用の美容液を購入しようと思うと
かなり高い値段となりますが、
ヴァセリンならば手軽に手に入ります。

ヴァセリンは化粧下地として、
そして保湿美容液として幅広く使えます。

夏の間は汗でべたついていた肌も、
冬の時期は乾燥してかさかさになります。

保湿化粧品はいくつも売られていますが、
ヴァセリンならば肌に優しいですから
安心して使えますし、お財布にも優しい
ですからおすすめです。

部屋の中は特に冬だけでなく一年中乾燥
していることも多いですから、
大切な肌を守るためのお守りとして、
ヴァセリンを手元に置くようにしては
いかがでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索