じれったいの意味を分析すると?類語との使い分けを例文で!

この記事は2分で読めます

自分が思うように物事が運ばないために
イライラする時によく使う言葉が
「じれったい」です。

日本語では同じような意味を示す類語が
いくつもあり、「じれったい」の類語は
「もどかしい」や「歯がゆい」です。

どれも類語ですから似たような意味を指す
のですが、「じれったい」という言葉は、
他の2つとは違うどんなときに使ったら
一番しっくり来るのでしょうか。

日本語は言葉の中でも最も難しい言語
だと言われています。

微妙なニュアンスがあることからわかりにくい
「じれったい」という言葉について調べました。

Sponsored Link

「じれったい」の意味を分析するとどうなる?

jire01

「じれったい」は、何かの実現を望んでいる時に
なかなか実現することができないために、
気持ちが落ち着かないという時に使います。

また誰かの考えや態度が先に進むことがなく、
こちらが進んで欲しい方向になかなか進まない
様子を見て気持ちが落ち着かない時も
この表現は使われます。

自分が何かをしようとしてなかなか
実現することができない時に「じれったい」
を使うときは、類語である「もどかしい」
変えても問題はありません。

しかし、自分ではないほかの人は他の物事が
思うように進まない時には、「もどかしい」
よりは「じれったい」のほうが合っています。

つまり自分ではなんともできない物事や他人が、
希望通りに動いてくれない時に使うのが
「じれったい」だと考えれば「もどかしい」
と区別が付けられます。

「じれったい」を使った例文は?

jire02

「じれったい」という言葉を上手に使えるよう、
例文をご紹介します。

1.じれったいとでも言うような目つきで
 睨まれてしまった。

2.彼女はじれったいほどゆっくりした口調
 なので、ついイライラしてしまう。

3.いつまでもしゃべらない男に対して、
 彼女はじれったくなって声をかけた。

どちらも誰かに対する批判の眼差しをこの
「じれったい」で表しています。

この言葉を使うだけで、
イライラした気持ちが手に取るようにわかります。

jire03

日本語は本当に奥深くて、自分では知らないけれど
間違った使い方をしていることは多いです。

特に感情を表す言葉は使い方が難しいです。

「じれったい」という言葉はよく耳にしますが、
使い方についてはよく分からずに
使っていた人も多いのではないでしょうか。

「もどかしい」と使い分けることが難しく、
適当に使っていた人も多いでしょう。

「じれったい」のは他人に対し、そして
「もどかしい」は自分に対してのものだと
覚えてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索