レアアースとは?中国で?都市鉱山リサイクル?

この記事は2分で読めます

現代の私たちの生活はさまざまな科学技術、情報技術によって
毎日快適に過ごせるよう組み立てられています。

PC、スマホ、ネット回線、デジタル機器etc、etc……

それらのほとんどすべてに使用されているのが、レアアース

今回はそのレアアースについて、調べてみました。

Sponsored Link

レアアースとは?

rea03

産出量が少なかったり、採掘・加工コストが高額のため
市場に出回る量が少ない非鉄金属レアメタルといいます。

そのレアメタルの中でも、化学の授業でおなじみの
元素の周期表で「希土類」に所属する17種類
レアアースと呼んでいるのです。

レアアースは中国で産出されている?

現代産業や精密機械の製造分野で欠かすことのできない
非常に重要な元素にもかかわらず流通量が少ないレアアース。

レアアースは世界中のさまざまな国で産出されますが
産出量と低価格で代表的なのが、お隣の中国でした。

一時期は世界中で必要とされるレアアースの需要のうち
97%以上を中国が占めていていたこともあり、
日本もほとんど中国からの輸入に頼りきっていました。

rea01

レアアースを外交の切り札として?

国際的なレアアース需要の高まりの中
その調達経路のほとんどを中国に依存しきっていた
日本にとって数年前に衝撃的な出来事が起こりました。

日本との領土問題を巡る軋轢の対日措置として
中国がレアアース禁輸という資源外交カード
切ってきたのです。

そこで日本企業はレアアースに対する中国依存からの
脱却を図るべく、調達先を他国に切り替えたり、
レアアースのリサイクルに取り組むなど
様々な努力で2年もたたずにこの苦境を乗り切りました。

レアアースを都市鉱山リサイクル?

rea02

現在でも中国はレアアース輸出大国ですが
アメリカ、ロシア、オーストラリア、カナダ
中国以外のレアアース産出国も増加しています。

日本ではレアアースの大規模な鉱床こそありませんが
国内で使用される携帯などの情報機器にはレアメタル
などが豊富に使用されています。

これらの都市でゴミとして廃棄される家電製品
などリサイクル可能な資源を「都市鉱山」といいます。

資源の少ない日本では、この都市鉱山資源をうまく
活用したり、海水に豊富に含まれるリチウム等
抽出方法を研究することで将来的にレアアースを
安定して入手できるようにしたいものですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索