花粉症の咳の特徴は?風邪との違いは?どうしたら楽になる?

この記事は2分で読めます

花粉症はひどくなると咳になることがあります。

咳が出れば風邪だと思ってしまうことは多いですが、
花粉症の鼻水は喉にも流れますから、
咳になることも多いのです。

しかし、花粉症と風邪は症状が似ていて、
咳の原因がわからないこともよくあります。

咳がひどいと息をするのも苦しくなりますよね。

花粉症の咳の特徴と、花粉症の咳の治し方について
調べました。

Sponsored Link

花粉症の咳の特徴は?風邪との違いは?

kahunsyo12

花粉症の咳の特徴自体は、風邪と違いがありません
のでわかりにくいです。

花粉症の咳は、鼻水が喉にたれて粘膜が炎症
起こしたこと、または口呼吸が多くなるために
口の中が乾燥したことによるものです。

風邪との違いを見るためには、
咳以外の症状に注目してください。

目が痒くなったり、くしゃみや鼻づまりがある、
または鼻水はさらさらして水っぽい。

そんな症状が1週間以上続いたとしたら、
風邪ではなくその咳は花粉症によるものです。

花粉症の咳はどうしたら楽になる?

kahunsyo13

花粉症の咳を和らげるためには、花粉症の
もとである花粉を外にだすことが必要です。

毎日うがいをすること、そして鼻水はためずに
すぐにかむようにしてください。

喉が乾燥すると咳は出やすくなりますから、
花粉を防ぐためだけでなく喉の潤いを保つために、
マスクは必ず着けるようにしてください。

家の中でもマスクをつけていると、
だいぶ咳はおさまって楽ですよ。

咳は夜になるとひどくなることは多いです。

鼻水が喉に流れてたまってしまうために、
その鼻水を押し出そうとせきが出るのです。

花粉は家の中でも飛んでいます。

花粉を寝ている間に鼻が吸い込まないように、
空気清浄機をかけるようにしましょう。

そして、咳が出てなかなか収まらないという時は、
仰向けよりも横向きに寝てください。

背中を丸めて寝る姿勢は、
夜の咳をだいぶ楽にしてくれますよ。

kahunsyo14

花粉症のときは鼻水が気持ち悪くてなかなか
寝付くことができないのに、
咳までひどくなってしまったらさらに眠れません。

元気で毎日を送るためには、
睡眠時間を確保することは大切なことです。

咳が楽になるように、起きている時も
寝ている時もマスクはかけるといいですよ。

そして、寝ている間でも辛くなったらすぐに
うがいができるように、洗面器を手元に用意
しておくとだいぶ楽ですからおすすめです。

鼻水にくしゃみ、そして咳とつらい症状が多い
花粉症ですが、眠れない日々が続くと体を
壊してしまいますから、今できる咳対策をして
この時期を乗り切りましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索