冬におすすめのクレンジング方法を3つ紹介!

この記事は2分で読めます

になる時になるのが肌の乾燥です。

肌の乾燥が進めばお化粧もきれいにできませんし
肌荒れも進むだけですから、肌の乾燥を防ぐ対策
必要です。

そのためにしっかり選びたいのがクレンジングです。

肌の乾燥を守るためにはどのようにクレンジング
すれば効果を発揮するのか、
冬だからこそ気をつけたいクレンジング方法について
調べましたので参考にしてください。

Sponsored Link

冬におすすめのクレンジング方法1
 温めのお湯を使うこと

cleansing01

冬の時期に水で顔を洗うことは冷たすぎて
つらいことから、お湯を使ってクレンジングを
する方は多いです。

しかし、同じお湯でも温度が高すぎると肌が必要と
している油分まで一緒に取り去られてしまいます。

肌を守るためには、ある程度の皮脂は必要です。

40度以上のお湯を使ってしまうと肌を守る保護膜が
溶けてしまいますから、クレンジングには
自分の体温と同じぐらいのぬるま湯を使うようにしてください。

冬におすすめのクレンジング方法2
 蒸しタオルで毛穴を開いてからクレンジングをしよう

cleansing02

美肌を守るためには毛穴に汚れや皮脂などが
つまらないようにしっかりクレンジングすることが
必要ですが、毛穴が開いていない状態で強い力で
クレンジングをすれば、肌は刺激に負けて荒れて
しまいます。

冬は寒さで毛穴がしまってしまいますから、
毛穴を開かせてからクレンジングをしましょう。

毛穴を開かせるためには蒸しタオルが効果的です。

まずは蒸しタオルを顔に当てて毛穴が開いたなと
思ったら、そこでクレンジングを始めてください。
開いた毛穴から汚れが綺麗に取れて、
肌が透き通ってきますよ。

冬におすすめのクレンジング方法3
 クレンジング剤自体を温めてから使おう

cleansing03

肌に当たるクレンジング剤が冷たければ、
その冷たさで毛穴がしまってしまって
クレンジング効果が出ません。

寒い時期にはクレンジング剤を温めておくと、
肌が冷たさに驚いて毛穴が締まることを防げます。

使う前に少し暖房の前においておいて、
体温と同じぐらいに温めるだけでクレンジング剤の
効果は上がります。

クレンジングを使っているのになかなかお化粧が
落とせないという方はぜひお試しください。

冬の季節は寒いですから、いつも外に出ている顔は
冷たくなってしまっています。

冷たくなった肌にクレンジングをつけても、
なかなかうまくお化粧を落とすことができません。

なかなか落ちないからとゴシゴシ肌をこすって
しまって肌トラブルを起こさないよう、
温めるということを考えてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索