静電気防止ブレスレットは静電気を抑えられる?注意点は?

この記事は2分で読めます

冬の季節が来ると、ビリっと来る静電気
悩まされることが多くなります。

車に触った時、または誰かにちょっと触っただけでも
ビリっと来る静電気は急に来るだけにビクッ
しますよね。

静電気は目に見えないだけに、
予想がつかなくて困ります。

静電気を防ぐグッズとして最近出回っているものに
静電気防止ブレスレットがあります。

嫌な静電気から守ってくれる静電気防止ブレスレット
について調べました。

Sponsored Link

静電気防止ブレスレットはどうして静電気を抑えられるの?

seidenki01

静電気が起こる理由は、
体の中に電気が溜まっているからです。

静電気防止ブレスレットは、
体の中の電気を流す働きがあります。

静電気防止ブレスレットは静電気を流す繊維や物質で
作られていますので、つけているだけで静電気を
逃がしてくれるのです。

静電気防止ブレスレットはコロナ放電という力を
利用しています。

コロナ放電はマイナスイオンで静電気を中和させて
放電する方法を用いています。

コロナ放電の力が強いか弱いかによって
ブレスレットの効果も変わってきますので、
ブレスレット選びには十分注意してください。

静電気防止ブレスレットを使う時の注意点とは?

静電気ブレスレットの効果を出すためには、
肌に接触していなければいけません。

静電気ブレスレットにはお洒落なデザインも多く、
せっかくだから人に見られるように付けたいという
方も多いです。

しかし服の上から静電気ブレスレットをつけていても
効果は出ません。

手首からちらっと見えるおしゃれを考えて、
必ず肌に接触するようにつけるようにしましょう。

人によってはかなり静電気がたまりやすい
体質の方もいらっしゃいます。

そんなときは静電気防止ブレスレットが一つでは
足りません。

より効果を得たいという方は、
両腕にブレスレットをつけるといいですよ。

静電気防止ブレスレットは高いものから安いものまで、
そしてデザインで見てもたくさんの種類が売られて
います。

値段だけで決めることは出来ませんが、
あまり安いものは効果が薄いことが多いですから、
それなりのものを購入してくださいね。

また、毎日つけるブレスレットですから
ファッションも考えなくてはいけません。

機能性があるかどうかももちろんですが、
袖口からのぞく素敵な静電気防止ブレスレット
選ぶようにしてください。

静電気防止ブレスレットで、
ビリっと来る感覚から自分を守りましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索