サルビアの代表的な種類とは?幻覚を起こす種類?

この記事は2分で読めます

校庭の花壇に植えられている花としても
定番なのがサルビアです。

冬の寒い時でも耐えられる花のため、
一年中植えられていることも多いです。

サルビアには900種類もあると言われ、
同じ花なのにセージという言い方をする
ことがあります。

salvia02

セージという名前はハーブとしてご存じの方も
多いのではないでしょうか?

花壇に植えられている花の定番であるサルビア
について調べました。

Sponsored Link

サルビアの代表的な種類とは?

salvia01

サルビアと言われて思い浮かべるのは赤い花
だという方は多いのではないでしょうか。

赤い花を咲かせるサルビアで、サルビアの代表
といえばサルビアスプレンデンスです。

原産地ブラジルのサルビアスプレンデンスは
寒さに弱いために冬越はできませんが、
6月から11月頃まで花を楽しむことができます。

現在は、赤だけでなく紫色も作られていますよ。

近頃人気のブルーサルビアがサルビアファリナセアです。

salvia04

花は青や白、そして茎は灰色がかった白い色を
していることから、上品なイメージで人気を
集めています。

見た目がラベンダーとよく似ていることから区別が
つかないという方は多いです。

サルビアの中には幻覚を起こす種類のものもあるの?

salvia03

花壇を見ると必ず植わっているサルビアに
幻覚を起こすものがあると聞くと怖いですよね。

でもご安心ください

一般的に市販されているサルビアの中には、
幻覚を起こすと言われているものは
含まれていません。

幻覚を起こすサルビアは、メキシコ産の
幻覚性サルビアです。

めまいや神経不安、浮遊感などを感じるそうですよ。

この幻覚性サルビアはメキシコの原住民が
儀式や薬として使ってきたそうです。

現在は薬事法によって
日本では規制が入っています。

salvia05

サルビアが日本にやってきたのは明治時代の半ばごろ
だと言われています。

当時入ってきたのは、サルビアの中でも定番の赤い花を
咲かせるサルビアスプレンデンス。

日本では緋衣草(ヒゴロモソウ)という名前が
つけられました。

明治時代に入ってきてから今に至るまで、
多くの方が花壇に入れる花の一つとして
選んできたサルビア。

最近ではブルーサルビアが人気ですが、赤だけでなく
白、紫、ピンクなど花の色もいくつかあることから、
ガーデンニングをする人の中ではお馴染みの花と
なっています。

寄せ植えをするときれいですから、
サルビアを使ってガーデニングを始めませんか?

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索