強いアレルギー症状を起こす怖い蟻とは?ヒアリに刺された症状は?

この記事は2分で読めます

道端を見ると行列をなしていることも多い

小さい虫ですから気が付かないで踏んでしまう
こともありますし、忙しそうに歩く姿が面白くて、
子供などは特に座り込んで様子を見ていることも
ありますよね。

身近な虫であることからあまり気にすることもない
蟻ですが、実は蟻の中にはアレルギーを引き起こす
怖い蟻があるのです。

身近にいることから平気で触ってしまうことも
あるけれど、実は注意が必要な蟻について
考えました。

Sponsored Link

強いアレルギー症状を起こす怖い蟻とは?

hiari01

蟻の中には世界の侵略的外来種ワースト100
あげられたヒアリ(火蟻)という種類のものが
あります。

ヒアリは中南米に生息し、現在ではアメリカ
オーストラリア、アジア圏でも発見されるように
なりました。

体長は2.5mmから6mmと非常に小さな蟻なのですが、
そのお尻には非常に強い毒針を持っています。

自分に被害があると思うと、ヒアリはその毒針
攻撃を仕掛けます。

蟻に刺されたらどんな症状があるの?

hiari02

ヒアリに刺されると、火傷をしたような
強い痛みを感じます。

火傷のような痛みということから、
ヒアリという名前がつけられたようです。

ヒアリは一度だけでなく何度も刺すという
特性があり、何匹にも刺された時には
アレルギー反応を起こすことがあります。

アレルギー反応を起こすかどうかは人によりますが、
最悪な場合はアナフィラキシーショック
呼吸困難や意識障害を起こして亡くなる方もいます。

ヒアリの毒は初めて体に入った時には抗体を
作るのですが、二度目に刺されるとその抗体が
反応してアレルギー反応が起きます。

実際に、アメリカでは年間で100人ほど
ヒアリの被害で亡くなっています。

小さな虫なのに、その毒性がいかに強いか
想像できますね。

hiari03

現在のところ、日本ではまだヒアリ
発見されていません。

しかし、海外旅行などで訪れた先で、
いつヒアリに刺されるかはわかりません。

現在はアジア各国でもヒアリが確認されている
ようですから、いつヒアリが日本に来ても
おかしくありません。

小さい蟻だから大丈夫、と平気で子どもたちは
触ったりしますが、毒のある怖いヒアリ
ありますから十分に注意してください。

気が付くと、蟻は足の上に昇ってきていることも
あります。

ヒアリは1回めよりも2回め以降に刺されたほうが
危ないですから、特に海外旅行先などは
蟻に刺されないようにご注意ください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索