出産が厄落とし?意味は?厄年に産んだ子供は?

この記事は2分で読めます

男性にも女性にも厄年がありますよね。

厄年の時はいろいろな災難が降りかかることがあるため、
厄除けや厄落としが必要だといいます。

そして女性の場合は出産すると厄落としになる
という話をよく聞きます。

厄年と出産にはどんな関係があるのか、厄年の意味
について考えました。

Sponsored Link

どうして出産が厄落としになるの?

yaku01

災い転じて福をなすという言葉がありますが、
出産は幸福を呼びますから出産することで厄落としが
出来るという考えがあります。

非常におめでたいことですから、
厄を消してくれるというわけです。

女性の厄年は19歳、33歳、37歳の3回で特に
33歳が大厄だと言われています。

現代の女性にとって19歳に出産するのは少し早い
ですが、33歳といえば出産する人が多い時期ですよね。

ちょうどよい厄落としになりそうです。

厄年に産んだ子供にするべきことはある?

yaku02

自分の厄は子供を産んだことによってなくなった
としても、ここで気になるのは産んだ子供に
厄が振りかかるのでは、ということです。

大事な子供に災難が降りかかるわけには
いきませんよね。

厄年に産んだ子供の厄を落とすための儀式
日本には存在します。

それが、子供を捨てる儀式です。

子供を捨てると行っても本当に捨てるのでは
ありませんからご安心ください。

地方によって少しやり方は違うかもしれませんが、
子供を捨てる儀式のやり方について説明します。

子供を拾ってくれる拾い親の役を誰かに頼んだら
儀式のスタートです。

まずは、産まれた子を道路が交わる辻に捨てて、
親は振り返らずに家に帰ります。

その子どもをあらかじめ頼まれていた拾い親が拾って、
子供を着替えさせてお祝いの品とともに親のところに
連れて行ったら儀式は終わりです。

一度違う親に拾われたことで子供の厄は落とせる
というわけです。

yaku03

子供を生んで厄落としするなんて、
なんだか子供に悪い気持ちがしてしまいますよね。

でも産んだ子供には厄が降りかからないと
いわれていますからご安心ください。

気になる、という方は、お友達や親戚の方に頼んで
捨て子の儀式をしてはいかがでしょうか。

地域によって少しやり方は異なりますから、
よくわからないという方は近隣の神社などで
相談してください。

この捨て子の儀式は昔からあるもので、
八代将軍の吉宗も同じように行ったといいます。

儀式が終われば、
吉宗のように丈夫で強い子供が育ちますよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索