安部総理の病気!潰瘍性大腸炎が多い年代は?予防は?

この記事は2分で読めます

総裁として再選が決まった安倍総理ですが、
以前から健康不安説がささやかれています。

安倍総理を苦しめているのは
持病の潰瘍性大腸炎です。

以前、安倍総理が健康上の理由で辞任した時も、
その理由は潰瘍性大腸炎だったと言われています。

安倍総理だけでなく芸能人でも
苦しんでいるひとが多いという潰瘍性大腸炎の予防
について調べました。

Sponsored Link

潰瘍性大腸炎は何歳ぐらいの人がかかる病気なの?

daichoen01

潰瘍性大腸炎は、以前は若者がなる病気と
言われてきました。

思春期から若年期である10代から20代
苦しむ人は多いです。

芸能人でこの病気で苦しんでいる方は、
この年代の方ばかりです。

しかし、潰瘍性大腸炎はその後、しばらくして
中年期に差し掛かると再びピークが訪れます。

40歳から44歳、または50代から60代の方で
この病気に苦しむ人が増えるのです。

この時期に当たるのが安倍総理ですね。

潰瘍性大腸炎は予防することが出来るの?

daichoen02

若いうちはかからなかったから、と安心していても、
中年期になったらまた掛かる人が増えてくる
潰瘍性大腸炎

できることなら予防したいですよね。

予防するためには腸の環境を良くして大腸を
元気にしてあげなければいけません。

菓子パンやインスタントラーメンばかり
食べていると、体は炎症作用が高まって
潰瘍性大腸炎を起こしやすくなりますから
よくありません。

もう一つ、腸内環境を良くするためには
乳酸菌の力も必要です。

乳酸菌は腸の中で悪玉菌を退治してくれますから、
ヨーグルトなどを積極的に食べるように
してください。

食生活だけでなくストレスが溜まることも
腸の健康に悪影響を与えてしまいます。

仕事が忙しかったとしても、休みの日は
外に出ておもいっきり体を動かして
ストレス解消してください。

daichoen03

潰瘍性大腸炎は難病にも指定され、
まだはっきりと治療法が確定していません。

日本の総理である安倍総理も病気が原因で
一度は辞任し、現在も苦しめられていると
聞きます。

中年期は仕事も家庭も忙しい時期ですが、
体を壊してしまってはこれから頑張ることも
出来ませんから、ストレスをためないこと、
そしてお菓子やインスタント食品は控えめに
しましょう。

おすすめの食事は魚類です。

魚の中でも特に青魚の油は体の炎症を抑える働き
がありますから、食事の中に積極的に
取り入れましょう。

また、便秘になると腸の環境は悪くなりますから、
積極的に食物繊維を取るようにしてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索