カーポートが雪で倒壊するの?火災保険は?

この記事は2分で読めます

一般家庭に良く見られる簡易車庫が“カーポート”です。

普段は雨や日射から車を守ってくれるのに十分ですが、
屋根と支柱のみの簡単な作りのものが多いことから、
大雪等でトラブルが発生してしまうことがあります。

そんなカーポートについて調べてみることにしました。

Sponsored Link

カーポートの素材

カ1

簡易車庫と言っても、デザイン・素材等豊富に選べるのもカーポートの
一つの魅力です。

カーポートに使われる素材をいくつか紹介します。

・スチール折板…耐荷重性に優れているので、
 積雪・強風にも強いです。

・アルミ形材…遮光性に優れています。

・ポリカーボネート…プラスチックの中で
 一番衝撃に強いです。紫外線を遮断するので、
 真夏の車の温度上昇を抑えられます。

カーポートは雪に弱い?

カ2

通常、カーポートを設置する時に、その土地の基盤や
気候も考慮に入れて素材を選びます。

一般的なカーポートの耐雪量は20㎝程度と言われていますが、
これは重さではなく、積雪の高さで言われているので
一つの目安にしかならないです。

因みに雪の重さですが、さらさらとした新雪なら
1立方mあたり最大150㎏、湿ったり乾いたりした
根雪だと1立方mあたり最大500㎏と言われています。

またカーポートには、20㎝以上の積雪時には
雪下ろしをするよう書かれていたり、
設置時に説明されたりします。

積雪量に対して適切な雪下ろしが必要なんですね。

でも、雪があまり降らない地域ではピンとこなくて
気付いた時には大変なことになっていたという人も
少なくはありません。

カーポートは火災保険適用?

カ4

カーポートの寿命は約10年~15年と言われています。
(実際はもっと長く使っている人の方が多いです。)

カーポートは車庫なので、家の建物の一部として扱われ、
火災保険の適用となるケースがあります。

大雪は、雪災に該当する自然災害です。

保険金は申請しなければ受け取ることができないので、
もしかしたら?と思う方は保険会社に問い合わせてみる
価値ありですね。

いかがですか?

今月14~16日の大雪でJAF(一般社団法人日本自動車連盟)
カーポート対応の為に出動した回数は関東地方で268件です。

今後、大雪予報を耳にした時点でカーポートのことも
気をつけたいですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索