スノードロップに隠された怖い花言葉とは?いつ咲く花なの?

この記事は2分で読めます

スノードロップという名前の花をご存知ですか?

学名はガランサスというヒガンバナ系の花なのですが、
名前からも想像がつくように雪のように真っ白な花です。

日本名では待雪草と呼ばれており、
そちらの名前のほうが有名かもしれませんね。

雪を待って健気に咲いている美しいスノードロップですが、
実は怖い花言葉が隠されていることがわかっています。

可憐な花ながら怖い意味もあるスノードロップについて
お話します。

Sponsored Link

スノードロップはいつ咲く花なの?

snowdrop02

スノードロップ2月2日の誕生花で、
まだ寒い日が多い早春に咲く花です。

まだ雪が降る日もある早春に小さな白い花を咲かせる
スノードロップですが、日中は下向きに咲き、
夕方になるとつぼみます。

しずくのような形をしていることから、初恋のため息、
または天使がアダムとイブを慰めるために雪を花に
変えたものだ、ということから希望や慰めの意味もある
と言われています。

スノードロップに隠された怖い花言葉とは?

snowdrop01

そんな健気な花の裏にどうして怖い花言葉
隠されているのでしょう?

怖い花言葉になるのは、スノードロップを人に
プレゼントした時です。

人にプレゼントをすると、スノードロップは
「あなたの死を望みます」
という意味に変わってしまうのです。

そうなった理由は、イギリスの古い言い伝え
によるものです。

恋人が亡くなったことを悲しむ少女が、
恋人の傷の上にスノードロップを置いたら、
恋人の肉体がスノードロップに変わってしまった、
という話が伝わっています。

そのことから、スノードロップ=死という
イメージが広まりました。

自分では力育てたりする分には問題ないのですが、
誰かにプレゼントをしてしまうと、死を望んでいる
という怖いメッセージに変わってしまうので大変です。

snowdrop03

お花屋さん花言葉をわかっている人も多いので、
怖い花言葉の隠されている花をプレゼントとして
勧めることはないでしょう。

しかし、スノードロップは可憐で可愛い花であるだけに
ふと手にとってしまいがちですが、気をつけてください。

花にはそれぞれ花言葉があって、調べれば他にも
怖い意味が隠されている花もあるでしょう。

きれいな花だから喜んでもらおうと思って
プレゼントした花が、実は人に不快な思い
させることもあります。

自分で楽しむのであれば花言葉をそれほど
気にすることもないですが、人にプレゼント
するときは気をつけてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索