裁縫セット?家庭科で?小学校5年生から?

この記事は2分で読めます

小学校高学年になると授業で「家庭科」が始まります。

家5s

そこで必要になってくるのが「エプロン」「裁縫セット」です。

今日は、お母さんたちが悩んでしまう裁縫セット選びについて
調べてみることにしました。

Sponsored Link

裁縫セット、学校で注文する?

家1

4月になると、学校で裁縫セット購入のお手紙が配られます。

学校によって選択肢の数にばらつきはあるようですが、
平均すると5~6種類から選べるようです。

価格も2000円~3000円程度と、割引が適用されているとは言え、
幅広いですね。

ここで、お母さんたちが思うのは「あまり良さそうじゃないんだけど」
「これで足りるの?」等です。

ネットで注文しても、手芸店で購入しても中に入っているものに
大差はないです。

どこで購入するにしても、基本的には小・中学生の家庭科の授業
使えるように作られているものがほとんどなので大丈夫です。

裁縫セットの箱に入っているのは?

家2

お母さん世代の家庭科の授業で使っていた裁縫セットと言えば、
プラスチックの箱に入った物が多いと思います。

家庭科バッグを用意する学校もあり、箱のふちがお弁当箱の
パッキンのようにキッチリしまるタイプのものもあります。

そうで無い場合は、家と学校の間、教室と家庭科室の間と、
お子様の移動時にふたが開いて中身が出ないよう
ゴムをする等の工夫が必要ですね。

割と大きめな物が多いので、片付けが苦手なお子様にも
授業の後に簡単片づけられます

裁縫セット、手提げタイプは?

家3s

手提げタイプ裁縫セットは、バッグの種類・柄が、可愛いもの
から男の子向けのものまでとにかく豊富です。

ファスナーの部分を閉めてしまえばそのまま手提げになるので
持ち運びに便利です。

大きさもコンパクトにまとめられているものが多いので、
家庭科の授業中に出るちょっとした端布や糸くずの一時的な
置き場として使えないというお子様が多いです。

家4s

どちらを選んでもメリット・デメリットがあります。

実際、学校では手提げタイプを使っている子供が多いようですが、
お子様が扱いやすいものを選ぶことが一番だと思います。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索