栗にはどんな栄養が入っている?美味しい食べ方は?

この記事は2分で読めます

は食べ物が美味しい季節です。

秋は収穫も多く、いろいろなものが食べごろを迎えますが、
秋の味覚として思い浮かべる方が多いものの一つに
があります。

ゆでて食べるのが好きな人も多いですし、
いつも栗ご飯にして食べる、という方もいらっしゃいます。

美味しいから何個でも食べてしまう、
という方も多い栗について調べました。

Sponsored Link

栗にはどんな栄養が入っている?

kuri03

栗は小さくても栄養はかなりしっかりしています。

カロリーは大きいものですと1個35kcalぐらい、
小さいものなら1個25kcalぐらいです。

カロリーも高めですから、食欲が無い時でも栗を
食べれば体をもたせることができます。

栄養素を調べてみますと、デンプンやビタミンB
ビタミンC、亜鉛、そして渋皮にはポリフェノール
たっぷり含まれています。

なかなか体が必要としている栄養を摂取することは
できませんが、栄養たっぷりの栗ならば
かなり栄養を補充できます。

ポリフェノールは抗酸化作用が高いですから、
健康だけでなくアンチエイジングにもオススメです。

栗は生のままでは食べられませんからビタミンC
などが過熱するとなくなってしまうのでは、
と心配になりますが、栗のビタミンC加熱しても
なくなりませんのでご安心ください。

その他にも、食物繊維も豊富に含まれています。

食物繊維の量は、他に食物繊維が豊富だと
言われているさつまいもより多いといいますから、
便秘解消にぴったりです。

栗の美味しい食べ方は?

kuri01

栗は特に何かを加えて調理しなくても茹でるだけ
十分美味しいです。

さっと洗って一晩水に浸しておいた栗を、
塩を適量入れて沸騰させたお湯の中でゆでます。

30分から50分ほど茹でれば、美味しい茹で栗の完成です。

ポリフェノールがたっぷりの渋皮も食べるためには、
栗の渋皮煮がおすすめです。

渋皮煮には醤油を加えて作るタイプと甘めに作る
タイプがありますので、お好みの方をお食べください。

kuri02

栗をたくさん手に入れたけれど一度では食べきれない、
という場合には、食べきれないぶんを保存しましょう。

新聞紙でくるんで冷蔵庫のチルド室に入れておけば、
最大で3ヶ月ほどは保存できます。

もっと長く保存したければ冷凍保存がオススメです。

冷凍ならば、だいたい半年ぐらいは保存できますよ。

美味しくて栄養たっぷりの栗は、おすすめの秋の味覚です。

でも、ちょっとカロリーが高いですから、
食べ過ぎには十分にご注意ください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索