おはぎとぼたもちの違いは?なぜあんこで包んであるの?

この記事は2分で読めます

お彼岸の時のお供え物の定番といえばおはぎです。

お米ともち米を混ぜて炊いたものを大きなお団子状に丸め、
あんこきなこで包んだ甘いおはぎ、
小さいころから大好きだった、という方も多いでしょう。

おはぎと似た食べ物にぼたもちがあります。

お彼岸の時期に登場するおはぎについて調べました。

Sponsored Link

おはぎとぼたもちはどこに違いがあるの?

ohagi01

おはぎぼたもちも形に違いがありません。

それなのに、どうして二つの呼び方があるのでしょうか。

おはぎとぼたもちの違いは、食べる時期にあります。

おはぎは漢字で書くと「お萩」
そしてぼたもちは漢字で書くと「牡丹餅」です。

お萩の萩といえばのものですし、
ぼたもちの牡丹は春の花ですよね。

ですから、春のお彼岸に食べるときはおはぎ
そして秋のお彼岸に食べるときはぼたもちなのです。

また、同じあんでも、秋のおはぎのときは
まだ取り立ての小豆を使うことからつぶあん、
そして春のぼたもちのときには、とっておいた
小豆を使うことからこしあんになっていることが多いです。

けれど、最近では春も秋もおはぎという人が
増えています。

おはぎはどうしてあんこで包んであるの?

ohagi02

おはぎをあんこで包むのは、あんこの原材料である
小豆に理由があります。

小豆は赤い色をしていますよね。

小豆の赤には、邪気から身を守る、
という意味があります。

そのため、ご先祖様を供養するお彼岸の時、
邪気を払うという意味を込めてあんこが
使われるようになりました。

あんこは今でこそ普通の食べ物ですが、
昔はあんこは貴重品でしたから、簡単に
普通の人が口にできるものではありませんでした。

そのため、お彼岸だけのぜいたく品として
おはぎを登場した、という説もあります。

昔の子供たちは、
お萩を食べるのが楽しみだったんでしょうね。

ohagi03

おはぎはもち米が使われていますし、
あんでくるんでありますからカロリーだけを見ると
非常に高いです。

しかし、和菓子であるおはぎは洋菓子を食べるよりも
ずっとヘルシーですよ。

あんこの材料である小豆は植物ですから、
肌トラブルなどを引き起こすことも少ないですし、
繊維質があることから便秘解消にもなります。

ケーキやチョコレートなどを食べるよりも、
おはぎは体に良くておすすめです。

特にご先祖様にお参りする、という予定がない方も、
お彼岸の時期はこの時期ならではのおはぎを食べましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索