Suicaを上手に使うには?チャージは?ポイントクラブは?ペンギングッズ?

この記事は2分で読めます

東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京モノレール・
東京臨海高速鉄道等で導入されている
S5

共通乗車カード・電子マネーSuica(スイカ)
使いこなせれば便利でお得がいっぱいです。

そのSuica(スイカ)について
調べてみることにしました。

Sponsored Link

Suica(スイカ)とは?

S1

電子マネーと言われていますが、
お財布と同じと考えて良いのです。

駅で“チャージ”と言って、Suicaにお金を入れます。
   ↓
JRがその金を預かります。
   ↓
預かり証Suicaです。

コンビニやキオスクでSuicaで買い物をした場合、
そのお店からJRにお金が請求され、
チャージ(預けた)お金から支払われているのです。

因みにSuicaは2001年に導入され、今日に至っています。

Suicaのペンギングッズというのもあるみたいですね。
=>Suicaのペンギンを楽天市場で探す

Suicaポイントクラブ

S2

普通、お買い物をする時に、スーパー
ドラッグストアでポイントカードがあるように
Suicaにもポイントクラブがあります。

事前にPCまたは携帯からの会員登録
必要(簡単)です。

Suicaポイントのマークのあるお店での買い物時に、
100円~200円につき1ポイントが自動的に加算されます。

または、ANAのマイルTポイント等の
提携ポイントをSuicaポイントに変換することができます。

たまったポイントは、Suica電子マネー
変換することで、Suicaにお金がチャージされたのと
同様に使うことが可能になるのです。

コツコツためるポイントって、意外と大きいんですよね。

Suicaってどこで使えるの?

S3

いくら便利な電子マネーでも、自分の生活圏内のお店で
使えないと意味がないですよね。

〈駅の中〉
コンビニ・コーヒーショップ・本屋・駅ビル・
レンタカー・自販機・JR管内の新幹線・社内等

〈街の中〉
コンビニ・スーパー・家電量販店・本屋・服屋・
ドラッグストア・飲食店・タクシー等。

幅広い店舗で使えるんですね。

S4

これを機にまずは、自分が利用する店舗にSuicaのマーク
あるか、見てみることから初めて見るのも良いですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索