みょうがに含まれている栄養とは?美味しく食べるには?

この記事は2分で読めます

になると、お蕎麦やそうめんなど、
さっぱりしていて冷たい麺類を食べる方が多いです。

麺類の薬味としてよく登場するものにみょうががあります。

昔からの言い伝えでみょうがを食べ過ぎるとバカになる、
という言葉がありますが、みょうがは栄養価が高くて
おすすめの食べ物です。

お味噌汁の具にしてもいいし、麺類の薬味にもなる
夏におすすめのみょうがについてお話します。

Sponsored Link

みょうがに含まれている栄養とは?

>myoga01

みょうがには独特の香りがありますが、
その香りの正体はアルファピネンです。

アルファピネンは大脳皮質を刺激して頭をシャキッと
させますし、気分をリラックスさせたり血液の循環
良くする働きもあります。

血液の循環が良くなれば、夏も体の中に熱が
こもることもなく、冷房で体が冷えきることも
防げますから、冷房に弱い方にみょうがはおすすめです。

もう一つ、みょうがには女性ホルモンの乱れ
整えてくれる効果があります。

生理不順や生理痛などで悩んでいる女性は、
みょうがを積極的に食べることで
ホルモンのバランスが整いますから、
生理の悩みがなくなります。

みょうがはどうやって食べると美味しい?

myoga03

みょうがのシャキシャキした歯ごたえが好きな方は、
冷奴の上にかけたり、お蕎麦やそうめんのつゆに
入れたり、と薬味として食べることがオススメです。

夏はこってりした食べ物が苦手だからさっぱり
したものばかり食べている、という方は、
サラダにして食べるのはいかがでしょうか。

きゅうりやナスの千切りに塩をふってちょっと
絞ったら、みょうがやしそと混ぜて食べます。

浅漬風で食べやすくご飯が進みますよ。

みょうがのしぼり汁にはかぜ薬の効果もあります。

喉が痛いときは、みょうがをガーゼにくるんでしぼり、
同量のお酒を混ぜてうがい薬にしましょう。

このうがい汁で一日に数回うがいをすれば、
だいぶのどの痛みがおさまります。

myoga02

みょうがのカロリーは非常に少なく
食べてもほとんど気にすることはありません。

カロリーは低くても栄養価は高いみょうがは、
夏に是非食べて欲しい野菜の一つです。

夏バテであまり食べたくない時でも、
みょうがを入れて冷たい冷奴などならば、
のどごしがいいですから入っていきますよね。

みょうがはご飯の上にのせて食べるだけでも美味しいです。

食欲が無い時でも取り入れやすい野菜ですから、
夏はみょうがを食べて夏バテ知らずの体を作りましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索