災害に備え防災セットに入れるべき最低限のグッズとは?

この記事は2分で読めます

台風などによる水害や地震など、
人はいつ天災にあうかわかりません。

天災にあったとき、まず不安になるのがライフラインです。

何日か避難していれば支援を受けることができますが、
すぐに支援が受けられないこともあります。

bousai04

あらゆる場合を想定して、
ある程度のものを準備して置かなければいけません。

災害に備える準備として防災セットには
何を入れておくことが必要なのでしょうか?

用意しておいて欲しい防災セットの内容について、
考えました。

Sponsored Link

防災セットに入れるべきもの1 飲料水

bousai07

災害にあった時に、市場の多くの方がほしいというのが
飲料水です。

おなかがすいたことは我慢出来ても、
喉の渇きは我慢ができません。

飲水としてどのぐらい用意しておくべきなの?
という疑問が生じるでしょうが、
一日に必要な量は一人あたり3リットルです。

3人家族であれば、2リットルボトルを
12本から18本あれば、3日ほどはしのげます。

防災セットに入れるべきもの2 懐中電灯

bousai10

災害の時に電気が消えてしまったら、
夜はまっ暗になって何も見えません。

懐中電灯は明るさも大切ですが、
連続で何時間点灯するのかが重要です。

それほど明るくなかったとしても、
点灯時間が長い懐中電灯を用意しましょう。

懐中電灯は乾電池を使ったものが多いですが、
乾電池は電池が切れることもありますので、
ワイヤーを引くと充電できるタイプのものがオススメです。

防災セットに入れるべきもの3 食料

bousai08

普段は食べない、という方もいらっしゃるでしょうが、
インスタント食品や缶詰は賞味期限も長く保存食として
オススメです。

災害時にコンビニなどから一番早く消えるのは
インスタント食品です。

普段食べているものでもいいですから、
買うときは少し余分に買って防災用
とっておきましょう。

bousai09

その他としては、怪我をした時のために洗浄綿や包帯、
絆創膏などの救急セットも必要ですし、
停電して情報がわからないときのために、
コンパクトラジオもあったほうがいいです。

また、災害時にはトイレに困ったという方の意見も
多いことから、簡易トイレを防災用に買っておいてある
という方も増えています。

防災セットはたくさん入れすぎても持ち運びに
困ってしまいますから、まずは3日ぐらいしのぐために
必要なもの、ということを考えて用意してください。

だいたい3日ぐらいたてば救助の手も届くように
なって困ることはなくなります。

水に食べ物に明かりなど、本当に必要な物はなにか
家族で話し合って決めるといいですよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索