水害に備える方法とは?浸水被害のチェックは?備えるべきグッズは?

この記事は2分で読めます

毎年、夏がくると台風や豪雨で川が氾濫して被害が出た、
というニュースを耳にする機会が増えます。

最近ではゲリラ豪雨も多く、
異常気象が問題となっています。

自分は被害に合わないから大丈夫、と思っていても、
いつ大変なことに巻き込まれるとも限りません。

いつ起きてもおかしくない水害に備える方法について
考えました。

Sponsored Link

浸水被害に合うかどうかチェックする方法は?

bousai05

台風の時は、テレビやインターネットをチェックすれば
常に台風情報が流れていますから、
台風の進路や現在の位置などをすぐに調べられますよね。

台風情報と一緒にもう一つチェックしておいて欲しいのが
川の防災情報です。

川の防災情報はホームページでチェックすることが
できます。

国土交通省のサイトに川の防災情報のページがあり、
雨雲の状況や川の水位、ダムの貯水情報や、
洪水になるかもしれない線の予想などを調べることが
できます。

国土交通省【川の防災情報】
http://www.river.go.jp/

スマホや携帯でも調べられますから、
ブックマークしておくといいですよ。

浸水に備えて用意しておいたほうがいいものとは?

bousai06

浸水で家の中に水が入り込んでしまったら、
大変なことになりますよね。

何かあった時にすぐに出せるように用意しておいて
ほしいものがあります。

一つは土のうです。

水が入り込みやすい玄関や換気口などを土のう
ふさいでおけば、小規模な浸水ならば十分に
防ぐことが出います。

車においておいて欲しいのがレスキューハンマーです。

洪水の時に車に乗っていると、ドアも窓も開かずに
車に閉じ込められてしまうことがあります。

しかし、ハンマーがあれば、すぐに窓を割って
外にでることができます。

ハンマーはすぐに取り出せるところにいつも置いておけば、
ドアが開かなくなったと聞いすぐに取り出せます。

電気が消えてしまった時のために防災には懐中電灯が
必要ですが、水害に備えるものとしてはラバーライト
オススメです。

ラバーライトならば、防水だけでなく水に落としても
浮き上がりますから非常に使いやすいです。

水の被害は本当に怖いです。

大きな川や海の近くに住んでいらっしゃる方は
もともと用心されているでしょうが、
それほど大きくない川でも、氾濫すれば
浸水の被害に合うこともあります。

自分の体と大事な家を守るために、
防水情報をチェックし、浸水にあっても慌てないように、
準備できるものは準備しておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索