2015年のお盆に車の渋滞が予想される日はいつ?渋滞を回避するためには?

この記事は2分で読めます

お盆になると、多くの方が実家に帰ったり旅行に
出かけたりします。

お盆という決まった時期に一斉に大勢が動くことから、
車移動は大変です。

車が渋滞してしまって前に進まないまま時間だけが過ぎた、
と嘆く方は多いです。

jutai02

せっかくのお盆休みなのに、渋滞に巻き込まれて
終わってしまっては意味がありません。

お盆の渋滞を回避するために何かできないか、調べました。

Sponsored Link

2015年のお盆で、車の渋滞が予想される日はいつ?

jutai01

2015年のお盆の日程を調べてみますと、
13日が木曜日で16日が日曜日です。

そうなりますと、13日から16日まで
お盆休みとする会社は多いことがわかります。

休みの日が同じだということは、
それだけ車も渋滞しやすいことにつながります。

13日から休みに入りますから13日の朝の渋滞と、
一日余裕を見る方が多いために15日の夕方過ぎの渋滞
避けられません。

車の渋滞を回避するためにできることとは?

jutai03

家族でお盆休みに出かける場合、
特に小さな子がいると渋滞をなるべく避けたいですよね。

渋滞を回避することは難しいですが、
なるべくなら高速道路は夜中に抜けましょう。

夜中の運転はつらいですが、家族で交代できるならば
交代しつつ乗り切ってください。

早朝に出かける、という方法もありますが、
どなたもかなり早い時間から出ていますから、
ちょっと早く出かけるだけではすぐに渋滞
引っかかってしまいます。

子どもたちには車で寝てもらっていて、
夜中のうちに出たほうがいいですよ。

少しでも早く進むためには、
大きな車の後ろにつくのもひとつの方法です。

大きな車は運転席が高いところにありますから、
渋滞の先を見通せるのです。

どの車線が一番スムーズに動いているか、大きな車は
わかっていますから後ろについて真似しましょう。

大きな車は料金所を抜けるときも1台で車数台分ですから、
料金所を早く通過できる良さもありますよ。

jutai04

車の渋滞を回避するためにできることをお話しましたが、
それでも渋滞を完全に避ける事はできません。

少しは時間を短縮できるにしても、
渋滞をうまく乗り切るためには
車の中の時間を快適に過ごすことが必要です。

トイレが近くならないよう、水分を取るときは
カフェインの入っていない飲み物と、
お腹が空いたらすぐ食べれるようにパンやおにぎりを
持って行きましょう。

お腹が満ちていたら、渋滞のつらさは和らぎますよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索