レジェンド葛西とは?オリンピックは7回も?

この記事は2分で読めます

レジェンド(legend)とは、伝説・偉人等の意味があります。

どの意味で扱われてもおかしくない記録・生き様を現している
スキージャンプ・個人ラージヒル選手、葛西紀明さんについて
調べてみることにしました。

Sponsored Link

レジェンド葛西とは?

レ2

葛西紀明さんについて

1972年6月6日、北海道生まれ。

5人家族の長男で、貧しい家庭でしたが、葛西選手は10歳
スキージャンプを始めました。

その才能は稀にみるもので、すぐに雪印杯全日本ジャンプ大会
ジュニア部などでの優勝を手にしました。

16歳の時にはスキーワールドカップに当時、
史上最年少で出場を果たしています。

この頃から、徐々にレジェンドは始まっていたのですね。

レジェンド葛西とオリンピック

レ1s

葛西紀明さんがオリンピック史上最多7回出場している
ことは言うまでもないことだと思います。

1992年フランスのアルベールビルに19歳で出場して以来、
2014年ロシアのソチまで計7回です。

★1回目:アルベールビル(フランス)
★2回目:リルハンメル(ノルウェー)
★3回目:長野(日本)
★4回目:ソルトレイクシティ(アメリカ)
★5回目:トリノ(イタリア)
★6回目:バンクーバー(カナダ)
★7回目:ソチ(ロシア)

レ4

通常、スキージャンプの選手は20代が多く、30代前半で
引退する選手が多い中、最年長ジャンパー葛西紀明さんは、
41歳、7回目のオリンピックで堂々と銀メダルに輝いています。

記録も1回目が139m、2回目が133.5mです。

年齢・回数・距離、どれを見てもレジェンドですね。

レジェンド葛西はこれからも!

レ3s

葛西紀明さんは、今までにいくつもの普通の人だったら
「引退」をしてしまいそうな乗り越えてきています。

たび重なるルールの改定、用具の規定、ご家族の死、病気
所属チームの廃部、その度に葛西さんの中にある
「諦めない!」精神で確実に乗り越え、
前に進んできています。

その普通の人にはない精神力の強さから、様々なレジェンドが
生まれてきているのでしょうね。

そしてまた、銀メダルをとった直後のインタビューでも
先を見つめて、45歳、49歳でのオリンピック出場への目標、
金メダル獲得への目標を語っています。

今後のレジェンド更新が楽しみですね。

葛西紀明さんの「諦めない」「不撓不屈」の精神、
見習うべきことは多いとしみじみ思っています。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索