浜降祭 2015年の日程は?浜降祭の見どころは?

この記事は2分で読めます

お祭りに登場するものといえばおみこしが定番ですよね。

商店街などをわっしょい、わっしょいの掛け声で
かついで通るおみこし。

そのおみこしがなんと海に突っ込む、というお祭りが
神奈川県の茅ヶ崎市で行われる浜降祭です。

おみこしが海に突っ込むという他のお祭りとは
ちょっと違う浜降祭をご紹介します。

Sponsored Link

浜降祭 2015年の日程は?

hamaori02

浜降祭は、2015年7月20日の海の日に行われます。

海に突っ込むお祭りなのですから、
海の日に行うなんてぴったりですよね。

普段、お祭りといえば昼間から夜にかけて行われるものですが、
浜降祭は朝早いのが特徴です。

午前4時30分ごろから始まり午前9時頃には
終わってしまいますので見逃さないようご注意ください。

みそぎは雨が降るなど荒天だと中止になってしまいます。

禊が行われることを願って、
てるてる坊主をつるして当日を待ちましょう。

浜降祭の見どころは?

hamaori01

浜降祭の見どころは、
なんといってもおみこしが海に突っ込むみそぎです。

みそぎは合計2回行われます。

1回目は早朝の4時30分から行われ、
2回目は式典が終わった後の朝8時です。

お祭りのメインはみそぎの2回めですから、
ご覧になるなら2回めのほうがオススメです。

会場は神奈川県茅ヶ崎市南湖六丁目のサザンビーチです。

早朝のお祭りですので朝早く行くことは
近くの人でないと難しいかもしれません。

遠くからお越しの方は、
前日に近くで宿泊した方がいいですよ。

みそぎの会場までおみこしはトラックで運ばれる場合も
ありますし、練り歩いて会場まで行くおみこしもあります。

みそぎの始まりは4時30分ですから、
その時間に到着するように夜中のうちにおみこしは
スタートします。

夜中に動くおみこしというのも、
普通はありませんから珍しいから一見の価値はあるかも。

おまつりのもう一つのお楽しみである屋台ですが、
早朝で行われるお祭りということもあり、
夜中から店を開いているところもいくつかあります。

朝ごはんを屋台で食べるというのも、
普段はありませんから楽しいですよ。

海の日に海に向かって早朝におみこしが突っ込むという浜降祭。

夜が明ける前から始まって朝のうちに終わってしまうという
珍しいお祭りです。

早起きするのは苦手、という人も多いでしょうが、
たまには早起きする、または前の晩から寝ないで
お祭り見物に行きませんか?

夏でも朝早いうちならば、
外に出ていても涼しくて気持ちいいです。

朝の風を感じながら、迫力ある浜降祭をお楽しみください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索