雨の日に自転車通勤!早めに備えておきたい雨具でオススメなのは?

この記事は2分で読めます

いつも自転車通勤をしている方にとって、困るのは雨の存在です。

雨が降っているから歩きに変えてしまうと時間もかかって
面倒ですよね。

でも、をさしながら自転車に乗ることは危険でできません。

雨の日でも自転車通勤をするためにはどんな雨具が
必要なのでしょうか?

早めに備えておきたい雨具についてお話します。

Sponsored Link

雨の日に自転車通勤するための雨具1 レインコート

amagu03

雨具は脱ぎ着しやすいものが便利です。

脱ぎ着しやすくて可愛い雨具としてオススメなのが、
レインポンチョです。

自転車は足を動かしますから普通のレインコートですと
漕ぎにくい時もありますが、ポンチョならば
裾が広がっているため足を広げやすくておすすめです。

しっかりした作りのものを求めているのならば、
バイク用のものを探すことをおすすめします。

=>楽天市場でバイク用レインポンチョを探す

自転車用はあまり種類がなくてもバイク用で探すと
レインコートはたくさん出ていますし、
雨が多少強くても十分に雨除けできます。

雨の日に自転車通勤するための雨具2 長靴やレインカバー

amagu01

レインコートやレインポンチョは上だけですから
足元がべたつくのが問題です。

上から下までしっかり雨に濡れないようにしたい、
という方は、足も雨除け対策しなければいけません。

雨除けの靴としていちばんのおすすめなのが長靴です。

ショートからロング丈まで種類も豊富にありますし、
かわいいものも売られていますよ。

パンツが多い方はショート丈、
スカートの多い方はロング丈がいいですが、
自分のお好みの長靴を探してください。

長靴は普段のおしゃれにもなりますが、
会社では認められていないことも多いです。

しかも、ロングの長靴は履き替えたとしても、
会社で置き場所に困りますよね。

そんなときは、
普段の靴にレインカバーをつけてはいかがでしょうか?

レインカバーならば、
小さくたたんでしまっておくこともできますから、
雨が降った時のために会社においておくのもいいですよ。

雨が止んだらカバーを外せばいいですから取り扱いも楽です。

雨の日のために、レインカバーを一枚持っておくと、
雨の日の通勤も心配ありません。

amagu02

雨の日にも会社はありますし
自転車を使わなければいけないこともあります。

びしょ濡れで家に帰ったり会社に行ったりすることは
できませんから、レインコートや長靴、足元のレインカバーなど、
早いうちから雨の日に向けて準備しておきましょう。

気に入るデザインのものが見つかれば、
これから雨の日を憂鬱に思うこともなくなりますよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索