結婚式の服装は?ジューンブライドでは?

この記事は2分で読めます

ジューンブライド」という名前はすっかり定着していますよね。

その語源は諸説あります。

日本でも6月結婚式を挙げる花嫁さんは多いですよね。

でも、6月って暑い日肌寒い日もあったり…梅雨があったり…
招待される側は結構大変ですよね。

折角、参列する結婚式、気持ちよく祝福できるように、参列者の
パーティドレスについて調べてみました。

Sponsored Link

結婚式で何色を着る?

junbr01

結婚式の主役花嫁さんです。

その花嫁さんが一般的に着るのは“純白”のウェディングドレスです。
そのことから、参列者は白っぽい服・照明で白っぽく見える服
避けるのが基本です。

ブラック
落ち着いていて、基本です。ただ、全身ブラックだったりすると、喪に着用される
黒のイメージから避けた方が良いとされています。
黒を基調としていて、ラメが入っていたり、華やかさがあるものも多くあるので、ブラックを選びたい方は、喪のイメージにならないように注意してください。
ネイビー
上品な色とされています。落ち着いているのですが、真珠等の小物との相性も良く、
華やかさが出ます。
レッド
存在感があります。華やかさも十分にあります。
ピンク
可愛らしい印象になります。華やかさがあるのに、派手すぎることもなく、好印象です。
シルバー
品があり、華やかさ、ゴージャス感もあります。大人っぽさも出ます。
小物の組み合わせ方が難しいので、失敗しないように慎重に選びたい色です。
グリーン
シックな印象になります。落ち着きがあり、パーティードレスの中では、主張しすぎない
控えめな色です。
イエロー・ゴールド系
華やかで明るい色です。ガーデンウェディングではひと際目立ち、可愛さ
出ます。

結婚式と披露宴の服装、肩出しは大丈夫?

junbr02

ドレスは肩の出ている物がほとんどです。

一般的には「結婚式」での肩出しはNG
「披露宴」ではOKとされています。

ドレスから出ている肩をあえて隠そうと不自然に
なってしまうくらいなら、ストール等を肩からかけるもので
対応すれば十分です。

結婚式でのバッグは?

junbr03

女性の衣装と言えば、バッグ小物も含んで一つの
ファッションですよね。

結婚式向きのバッグと言えば、
クラッチバッグショルダーバッグです。

でも、常日頃から持ち物の多い女性には小さいですよね。
だからと言って決して詰めすぎてはいけません!

サブバッグ等を利用して、
クロークに預けるようにしてください。

また、バッグの素材がヘビやワニの爬虫類
敬遠されています。

幸せな花嫁さん…参列するお友達は、しきたりや常識…
でも、自分のおしゃれも楽しみたい!

大変ですよね。
何はともあれ、皆さんに幸を!

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索