日焼け止めの塗り方は?SPFとは?PAは?

この記事は2分で読めます

紫外線、気になりますよね。

紫外線シミ・シワの原因です。

Sponsored Link

日焼け止めに表示されているSPFって何?

hizashi01

SPF=Sun Protection Factor
紫外線B波(UVB)の防止効果を「数値」で表したものです。
2~50の数値で表されます。

これは、高ければ高いほど防止効果が高いというものではなく、
20分間で日焼けが始まるまでの時間何倍にできるか?
ということです。

SPF20の場合・・・
20分×SPF20=400分 (6時間40分)

PAって何?

PA=Protection Grade of UVA
紫外線B波(UVB)の防止効果を「記号」で表したものです。
PA+~PA+++で表されます。

TPO別選び方の目安は?

TPO別の日焼け止めの選び方
TPO SPF PA
散歩、買い物等の
日常生活程度
10~20 PA+~PA+++
屋外でのスポーツ
(観戦含む)程度
20~40 PA++~PA+++
屋外での激しいスポーツ、
山登り、マリンスポーツ程度
40~50 PA+++

※TPOとは、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)のこと。

日焼け止めの正しい塗り方は?

skincare01

どんなに数値や記号の高い日焼け止めを使用していても、
正しく塗らなければ、そこに記載されている効果はありません。

必ずパッケージ等に記載されている適量をまんべんなく塗ります。

2~3時間ごとのこまめな塗りなおしも大事です。

べたつくのがイヤ!使用感がイヤ!と薄く塗っていては、
せっかくの高い紫外線防止効果のある日焼け止めを
使用していても無駄になってしまします。

日焼け止めの正しい落とし方は?

skincare02

日焼け止めは紫外線から肌を守ってくれる分、
肌への刺激は強いです。

しっかり守ってもらったのだから、毛穴につまったまま放置したり、
まぁ良いやと後回しにすることなくしっかり落としましょう。

落とすと言ってもごしごしこすってしまっては、
疲れた肌を傷つけてしまいます。

SPF値の低い日焼け止めならば普通の石鹸・洗顔フォームで、
SPF値が高い日焼け止めならば、オイルクレンジング等で、
やさしく泡立てて洗い流します。

詳しい落とし方に関しては、
日焼け止めそれぞれのパッケージに記載されています。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索