母の日にカーネーションを贈るようになったのは?色にどんな意味がある?

この記事は2分で読めます

母の日に贈るお花といえばカーネーションです。

女性が贈られて喜ぶものといえば花ですから
お母さんに花を贈るのはわかりますが、
なぜカーネーションを贈るようになったのでしょうか?

母の日にカーネーションを贈るようになった理由とは何なのか、
またカーネーションの色にはどんな意味があるのか、
母の日に贈る定番のカーネーションについて調べました。

Sponsored Link

母の日にカーネーションを贈るようになったのはどうして?

carnation02

母の日の始まりは1908年のアメリカ、ウエストヴァージニア州で
暮らしていたアンナ・ジャービスという女性です。

彼女は亡くなったお母さんを追悼するために、
お母さんが好きだった白いカーネーションを祭壇に飾りました。

また、カーネーションの花言葉には母の愛情でもあることから、
カーネーションは母の日に贈られるものとなったのです。

その後、ウエストヴァージニア州の知事により、
5月の第2日曜日が母の日と制定され、
それが戦後になってから日本に広まって今に至ります。

カーネーションの色にはどんな意味がある?

carnation03

母の日に贈るカーネーションの色の定番は赤ですが、
最近では色の種類もたくさんあります。

しかし、カーネーションの色には意味がありますので、
それぞれの色の意味についてお話します。

赤のカーネーションの花言葉は、母への愛、または真実の愛です。

赤のカーネーションは母の日のルーツであるアンナ・ジャービスが、
お母さんが存命している場合につける花と提案しました。

そのことからも、赤のカーネーションが母の日には
一番多く用いられています。

carnation01

赤以外にも多く使われる色にピンクや黄色、オレンジがあります。

ピンクは感謝や温かい心、黄色は友情、オレンジは純粋な愛
という意味があります。

どれも、母の日に贈るカーネーションの花の色としてはおすすめです。

しかし、カーネーションの色の中でおすすめできないのは白です。

白のカーネーションの花言葉には尊敬という意味もありますが、
亡き母を偲ぶという意味があります。

アンナ・ジャービスもお母さんが亡くなっている場合は
白のカーネーションと提案しています。

白のカーネーションもきれいですが、
お母さんに渡すのはやめたほうがよいでしょう。

carnation04

母の日にはカーネーションを贈ることが当たり前のようになっていて、
この風習がいつ始まったのか、なぜ赤色のカーネーションが多いのか、
考えたことがない方も多いでしょう。

自分を育ててくれたお母さんを追悼する意味で生まれたカーネーション。

これからお母さんにカーネーションを渡す時は色を考えて
感謝の気持を込めて渡しましょうね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索