日傘の折りたたみと長傘!それぞれのメリットとデメリットは?

この記事は2分で読めます

日の短い冬が終わってだんだんと暖かくなって
日が長くなってくると、気になるのは紫外線です。

紫外線を防ぐために効果的なのは帽子や日傘です。

その中でも、日傘は特におしゃれにもなりますし、
日よけになることから人気を集めています。

higasa04

日傘には折りたたみとそうでないものと2種類がありますが、
どちらを購入したら良いのか、悩んでいる方も
いらっしゃいませんか?

日傘の折りたたみと長傘、
それぞれのメリット、デメリットについて考えました。

Sponsored Link

折りたたみの日傘のメリットとデメリットは?

折りたたみの日傘の一番のメリット持ち運びが楽なことです。

折りたたみであればかばんに入れて持ち運ぶことができますから
邪魔になることがありません。

そして、傘はうっかり忘れることもありますが、
使わない時はバッグに入っているわけですから、
忘れることはほとんどありません。

折りたたみの日傘のデメリットは、
たたむことが面倒なことと壊れやすいことです。

折りたたみは持ち運びやすいよう、または小さくたたんで
しまえるように華奢に作られていることが多いです。

そうなると、ちょっとした風にも負けてしまって
壊れてしまうこともあります。

風が強い日には、折りたたみの日傘を使うことが困難です。

長傘の日傘のメリットとデメリットは?

higasa01

長傘の日傘の一番のメリット使いやすい点です。

使おうと思った時にすぐにさすことができますから、
出し入れに時間を取られることがありません。

風にも強いので少々の風で壊れることもなく、
耐久性が高いのが魅力です。

長傘の日傘のデメリットは、さしていない時に持っているのが邪魔
な点です。

バッグに入れることができませんから邪魔なだけでなく、
駅などにうっかり忘れてしまうことも多いです。

日傘がじゃまに感じるのが一番の問題です。

higasa03

紫外線を避けるためだけでなくおしゃれにもなる日傘。

毎日さして外に出かけるだけでも
これからの季節を先どりするファッションに変わります。

折りたたみと長傘にはそれぞれメリットもあればデメリット
あります。

長傘と折りたたみ、両方の日傘を持っている方も多く、
みんなTPOに合わせ自分なりに使い分けています。

毎日出勤する時は、多くの女性が持ち歩いても苦にならない
折りたたみの日傘、そしてたまのお出かけに持って行く場合は
ファッション性がバッチリで耐久性もある長傘

自分の好みで上手に使い分けて、
これからのファッションを色々変えて楽しんでください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索