無花粉スギとは何?効果が出てくるのは何年後?

この記事は2分で読めます

花粉症で悩んでいる人の数は年々増えるばかりです。

年が明けて花粉症の情報がニュースで流れると、
誰もが今年は飛散量が多いか少ないかが気になります。

花粉症の症状は人それぞれです。

目が痒かったり、鼻水がひどかったり、のどが痛かったり・・・
どれもつらくて、気分的にもイライラしてしまいますよね。

花粉症で悩んでいる方にとって朗報なのが、
最近開発されている無花粉スギの存在です。

花粉症で悩む方が大注目の無花粉スギについてお話します。

Sponsored Link

無花粉スギとは何?

mukahunsugi01

花粉症で悩んでいる人の7割ほどが、
スギ花粉の原因によるものだといいます。

花粉症は花粉を吸い込むことによって引き起こされるのですから、
花粉が飛ばなければいいのです。

そこで、開発されたのが無花粉スギです。

現在、無花粉スギは全国各地で研究が進められています。

一番有名なものが、富山県の「立山 森の輝き」ですが、
それ以外にも茨城県の「爽春」
三重県の「スギ三重不稔(関西)1号」などが登場しています。

無花粉スギは偶然発見したところから誕生したといいます。

富山県の山林に雄花に花粉がないスギが発見され、
そこから研究が進められました。

花粉は飛びませんが、無花粉スギは挿し木で増えますし、
現在は無花粉スギの種も作れるようになりました。

無花粉スギの効果が出てくるのは何年後?

mukahunsugi03

「立山 森の輝き」は平成24年から本格的に普及が始まり、
植栽されています。

そして、平成28年までは、推進事業がどんどん進められる予定です。

スギがすべて無花粉のものに切り替えられたらうれしいですよね。

しかし、実際に無花粉スギの効果が出てくるまでには
かなりの時間がかかるようです。

今まで2万本が出荷され、今後も出荷数が増えてはいきますが、
日本のスギの量は全部で90億本もあるそうです。

mukahunsugi02

その本数を考えますと、すぐに出来ない、ということは
想像つきますよね。

いくら日本の各地で開発が進められているといっても、
簡単なことではありません。

だいたい、実際に効果が現れるまでには数十年はかかるそうです。

すぐに効果が出てくるというものではありませんが、
花粉症をなくすために無花粉スギの存在は欠かせません。

日本の未来のために、無花粉スギが増えて花粉症から開放されるのを
気長に待ちましょう。

それまでは、マスクやうがいなど自分でできる花粉症対策
こつこつと地道に続けてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索