歓送迎会で失礼がないように!送られる側、迎えられる側のマナーを知ろう!

この記事は2分で読めます

3月、4月は歓送迎会が多く行われる季節です。

新しい方が入ってくれば、去る方もいらっしゃいます。

3月から4月の時期は、人の出入りが多い時期ですので、
歓迎会と送別会を兼ねて歓送迎会が行われることが多いです。

歓送迎会で失礼がないように、マナーについてお話します。

Sponsored Link

歓送迎会の幹事として気をつけることは何でしょうか?

kansougei02

幹事としては、まず席次に注意を配ることが必要です。

主役が端っこにいては場が盛り上がりません。

歓送迎会を行う時は、まず送られる方を真ん中に、
その次に迎える方に座ってもらい、
後の方は主役の全員を囲むように座ってもらいましょう。

幹事として次に注意を配るのは新人に対してです。

新人の社員はまだ慣れない職場の人々と一緒にいることに緊張し、
なれないお酒を飲み過ぎてしまうかもしれません。

歓送迎会で飲み過ぎて大変なことにならないよう、
幹事としては目を配るようにしてください。

送られる側はどんなことに気をつければいい?

kansougei03

送られる側としては、最後にみんなに挨拶をする必要があります。

自分が主役なのですが、決して飲み過ぎないように、
最後の言葉としてはみんなに宛てた感謝の気持
言葉に表してください。

主役は会費を払う必要はありませんが、
みんなが自分たちのために払ってくれているわけですから、
感謝の気持を忘れないようにしてください。

迎えられる側はどんなことに気をつければいい?

kansougei01

新しく迎えられる新人も、送られる側と同じく
お金を払う必要はありません。

しかし、それをあたりまえだと思うことなく、
次の日に皆さんに御礼を言うことを忘れずに。

迎えられる新人はこの日の主役ではありますが、
他の方々は皆さん先輩たちです。

先輩や上司をたてて、のんびり座りっぱなしでいることはやめ、
座る時は先に他の方々に座ってもらってからにしてください。

kansougei04

歓送迎会は送られる側も迎えられる側も、
感謝の気持を他の方に伝えることが大切です。

飲み会の席ですとついついすすめられて飲み過ぎてしまうことも
ありますが、主役だからといって飲み過ぎて他の方にご迷惑を
かける事はしないように気をつけてください。

そして、幹事の方は、主役だけでなく出席しているすべての人への
気配りが必要です。

一人だけにぽつんとしている人が出ないよう、
この日は頑張って皆さんに目を配ってください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索